ケータイ小説 野いちご

ゼロの相棒

第1章ゼロとの出逢い




第1章ゼロとの出逢い




九月半ば。肌寒くなってきた風が頬に当たる。




「またあいつだ!!銀色の髪の女だよ!」




町に怒号が響き渡った。




「はぁはぁ……!」




坂道を駆け上がり路地に滑り込む。




「くそ!どこへ行った!?」


「またやられたのか?あんな子供に」




ごみ捨て場の陰に隠れると近くから話し声が聞こえてくる。



荒々しい男の声だ。



「少し目を離した隙に食いもんを盗られたよ、ちくしょう」



私は手で持てるだけ持ってきたパンを腕に抱える。




路地の壁に背中を付けると
ふぅ、と息が漏れた。




もうここ何日も何も食べていない。




盗もうとして捕まって、殴られたりしたこともあった。




この町では健全な生活をしている人もいるけど、家を持たない人も多くいて犯罪があちこちで起こっている。



私は生きるために約一年前から“悪行”を重ねている……。


盗みを働かなければこの町では生きていけない。



ここ、闇町と呼ばれるこの国の底辺では
まともな仕事なんか十六歳の子どもにはくれないのだ。



「くそ…!次捕まえたら今度こそ奴隷屋にでも売り飛ばしてやる!」



町の人々がそう、言っているのが聞こえた。




私は捕まるわけにはいかないんだ。

待ってる人も…いる…。




私は気づかれないように路地を後にして町を一望できる丘に建つ、自分の家へと走った。




銀色の髪が風になびいた





< 3/ 508 >