ケータイ小説 野いちご

鳳凰の哀しみ

1章

人は同じ過ちを犯す。

何度でも。


だから私は止める。












自分の命にかえても。

< 1/ 3 >