ケータイ小説 野いちご

漆黒の闇に、偽りの華を②【完結】

聖なる夜と闇




─────



きらびやかな町並み。


流れてくる可愛らしいクリスマスソング。



そう。


今日は12月24日。


クリスマス・イブ。


恋人達が、静かに愛を語り合う神聖な日。




そんな日にあたし達カップルはというと……




「総長、茉弘さん、準備出来ました。」



「ありがと俊太。じゃあ茉弘、出発しますよ?」



「うん。」



ブォンという大きなエンジン音と共に、恭とあたしを乗せたバイクが動き出す。



バイクが倉庫を飛び出すと、冷たい外気が肌を刺す。



まさか、年に一回の暴走族の一代イベントが、こんな日に行われるなんて……。


誰よ。


こんな静かに過ごしたい日に激しいイベント作ったやつ。


お陰で初めて出来た恋人とのイブが台無しじゃんか。


つくづくあたしに平和なんてないなって思ってしまう。



そんな事を思っていると、恭の腰に回しているあたしの手に、恭が手を重ねる。


「茉弘。大丈夫ですか?寒くない?」


何百と列なって走るバイクの群れのせいで、恭の声が大分聞き取り辛い。


あたしは、その音に負けじと声を振り絞る。


「大丈夫。恭こそ手が冷たいよ?」


恭の格好は、前に見た事のある白い繋ぎ。


今日は黒のダウンも着ている。


周りのメンバーも白い繋ぎだ。

< 94/ 344 >