ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「彩音、帰るよ…って、寝てるし」

    学校で寝るとか、ありえないんだけど…
    他のやつに見られたらどうするの?

    「はぁ…早く俺のもんになってよ」

    何年好きでいると思って…

    「ん…しょう、くん…」

    っ、今、俺の名前…呼んだ?

    まさか、ね

    「しょうくん…すきぃ…」

    「っ…」

    寝言…だよな?「好き」って…幼馴染として…だよな?

    でも、じゃなかったら俺…期待するよ?

    ここが学校じゃなかったからいいものの、もし家とかだったら…

    あー…くそ…

    寝言で俺の名前呼ぶとか、可愛すぎだろ…

    どんだけ骨抜きにさせる気?

    「ん…」

    寝顔も可愛すぎる

    こんなに可愛い生き物がいて大丈夫なのか?

    いてくれないと困るけど

    「しょう…くん…」

    俺の夢見てるんだよな、きっと

    寝てるし、言っても…いいよな?

    起きないだろ、多分…

    「好きだよ、彩音」

    だから、期待…させてね?

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 屋上

    「ほら、食べさせろ。美波」
    「うっ、無理だよ~」

    ―――昼休み

    私は卵焼きを箸で摘まんだまま固まっていた。それもこれも、瑠衣が『あーんってしてくれねーの?』なんて言ってきたからである。

    でも、そんな恥ずかしいこと出来るわけ無く。一向に動かない私に早く食べさせろと文句を言ってくる始末。
    この我儘王、どうしてくれよう...。

    「しょーがねぇなぁ」

    中々実行しない私を見て諦めたのか、大きな声でそう言うと、卵焼きを手で掴んで口の中に放り込む。

    そして私の方を向くと

    「え?瑠衣どうし―――むぐっ!?」

    柔らかい感触と共に、口の中で卵焼きの風味がした。

    口移しされた、と分かった瞬間一気に赤くなる顔。それを見て瑠衣が意地悪く笑う。

    「やっぱいいや。俺がお前に食べさせてやる」

    そして再びお弁当の具材を自分の口の中に入れる瑠衣。

    そして結局全部口移しでお弁当を食べさせられたのだった。

    開く閉じる

    • 先生
    • お昼休み
    • 廊下
    • 壁ドン

    私は尾崎先生が好き。

    でもそれは叶わない。

    だから半分ぐらいもう諦めよう、という気持ちだった。

    でも正確にはまだ、諦めていない。

    最後の計画が失敗したら完全に諦めるつもり。

    それは、、、、、、、、、、、、

    やっとターゲットが来た。

    「ドン」という音を立てて私は倒れていく。そこを先生が抱きしめて助けてくれた。

    よし!ここまでは計画通り。

    あとはこれだけが成功したら完璧!

    私を抱きしめる先生を私は抱きしめた。

    「大丈夫か?って、、、、、、、」

    先生は言いかけた言葉を飲み込んだ。顔を真っ赤にしたまま言う。

    「俺の彼女になって!」

    ここは廊下。  そしてみんながこっちを見ている。

    だけど気にせず私は先生にキスを落とした。大人のキス。恥ずかしいけど計画のため。

    「んんっハア  しぇんしぇいらいすき」

    数か月後


    私たちは結婚した。

    end

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

漆黒の闇に、偽りの華を②【完結】 (ひなたさくら/著)

沢山のご感想、
ご意見お待ちしています(*≧∀≦*)

  • 初めまして!とっても感動しました😭
    読んでいくうちにどんどんどんどん続きが気になってあっという間に読んでしまいましたぁ!
    潤を助けようとする茉弘の優しさ、恭の強さほんとにすごいなぁと思いましたぁ♡♡
    こんな総長さんほんとにいたらいいのにって思います(*´-`*)
    続編楽しみにしてます!

    みなみあいか   2019/06/03 13:07

    素敵なご感想ありがとうございます!!(*´˘`*)♡

    この長いお話をあっという間に読んでいただけたということで、とっても嬉しいです♡
    茉弘と恭の強さに注目していただけたのですね!執筆する上で人の弱さや強さもテーマに含まれていたので、しっかり受け取っていただけて感激しました!(*^^*)
    今までの総長のイメージとはちょっと違う総長でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか?(*^^*)

    続編も更新する時が来ましたらまたお知らせさせていただきますね!
    今後ともよろしくお願いします♡

    作者からの返信 2019/06/15 09:15

  • 最初から読ませて頂きました!
    暴走族の話を片っ端から読んできましたが、内容に引き込まれ自然と涙が出てきてとても感動しました!
    最後はハッピーエンドで読んでいる私も嬉しくなりました。
    続編があることを楽しみにしています。
    子供の話など読んでみたいです!
    これからの小説も期待しています!
    頑張ってください!応援しています!

    LDH_love   2019/05/04 21:17

    素敵なご感想ありがとうございます(*´˘`*)♡

    暴走族もののお話が好きな読者様に褒めていただけて、とっても嬉しいです〜(;_;)♡感動していただけたということで、ホッとしました!

    続編のご希望、リクエストまでありがとうございます!!ひょっこり続きや関連作を書くこともあるかもしれませんが、その時がきましたら、また応援していただけたら嬉しいです(*^^*)

    これからも日々精進!!頑張ります!!

    作者からの返信 2019/05/11 14:32

  • やばいよ、やばいよ〜😭
    最初から読んでました!
    最後ハッピーエンドで良かった〜
    (*´ ∨`)泣きすぎて目がやばい事になってます‪笑
    これからも頑張ってください!!

    星乃結萌   2019/05/11 11:48

    わぁぁ!!こちらにまでご感想くださったのですね!!(;_;)♡ありがとうございます!!とっても嬉しいです!!

    ラストまで楽しんでいただけて良かったです〜(*´˘`*)♡涙まで流していただけたのですか!?ありがとうございます〜!!今後のやる気をいただきましたー!!!

    作者からの返信 2019/05/11 14:15

  • ひなたさくらさん、初めまして!暴走族のお話かなり読んできましたが、こんなに感動するお話は初めてでした。恭と茉優が抱える闇をどのように解決して行くのかワクワクしながら読みました。何回でも読みたいと思える作品でした。これからの作品も期待しています!頑張ってください!応援してます!(続編ってあったりしますか??)

    しまんちょ♥️   2018/11/17 20:49

    しまんちょ♥️さん初めまして^^*

    この度は、数ある暴走族のお話の中から、拙作を手に取っていただきありがとうございます!
    感動したというお言葉、とっても嬉しいです!いつまでも楽しんでいただけるお話を書くのが一つの目標でもありますので、何回も読み返したいと言っていただけて感無量でございます!

    続編につきましては、構想自体はあるのですが、書く段階には至っておりません(><)いつか、また書きたい気持ちはありますので、執筆の際はTwitterやファンメールなどでご連絡させていただきますね!

    応援ありがとうございます!これからも、様々な作品をお届けできるよう精進いたします。
    今後とも、よろしくお願いいたします(*´˘`*)♡

    作者からの返信 2018/12/08 15:41

  • この本は、私が携帯小説と暴走族系の話しにハマった、きっかけの本です!とても気に入っていて私が持っているたくさんの本の中で一冊だけ無人島に持っていけるとしたら「この本を持っていく!」と言うと思います。たくさんの本への出会いをありがとうございました!!これからも頑張ってください!

    Stella☆   2018/10/23 20:05

    #華姫さん、はじめまして(*´˘`*)♡
    心温まるご感想、ありがとうございます!

    なんと!暴走族系の話にハマったきっかけが漆黒だったのですね!!暴走族系のお話が苦手な方にも楽しんで頂けるような作品にするのが目標でしたので、そう言って頂けてとても嬉しいです!( ; _ ; )
    わぁぁ!無人島にこの作品を!?私は#華姫さんのこのご感想を無人島に持っていきたいです!#華姫さんのご感想を拝見し、改めてこの物語を執筆して良かったと思うことができました。こちらこそ、本当に本当にありがとうございます(*´˘`*)♡
    はい!これからも頑張ります!!
    また、気軽に声をかけて頂ければと思います(*^^*)今後とも、よろしくお願い致します!

    作者からの返信 2018/10/23 20:35