ケータイ小説 野いちご

俺は、お前がいいんだよ。

Chapter*1
早速、訪れた再会



「そっか、そっか~。また男の子にツンとした態度をとっちゃった…ってわけね。」


「…うん。」


翌日のお昼休み。


教室でお弁当を食べながら、私は親友の恵理子(エリコ)に昨日の放課後の出来事を話していた。


「私、この性格を変えたいな…と思ったけど、無理っぽい…。だから、いっそ…男の子とは会話しないように努力しようと思ってさ。そうすれば、男の子だって…不快な気持ちになったりしないし。」


ミニトマトを口に頬張ると、恵理子はポンと肩を軽く叩いた。


「まあ、そんな無理して急に変えなくてもいいんじゃない?素直な気持ちを言葉にするのは、私だって難しく感じる時があるもん。」


「でもさ、私の場合…素直に言えない代わりに、トゲトゲしい言葉で返しちゃうのが問題だし…。」


「それは、緊張とか照れくささがあるからでしょ?由依は、昔から…結構シャイなところがあるじゃん?」


「うん…。」


小さい頃から内気なんだよな、私。


< 8/ 350 >