ケータイ小説 野いちご

俺は、お前がいいんだよ。

Chapter*5
君がいない日


恋なんて、するわけない。


ずっと、そう思ってきた私が……


初めて恋をした。


自覚したからには、陽希にも…私の気持ちを伝えなきゃ…。


そう思っているんだけど……


「あのさ、陽希……」


「ん?」


「………ううん、なっ…何でもない。」


いざ…声に出そうとするとドキドキの波が押し寄せてきて、話すのを断念したり、違う話題に替えて誤魔化すばかり。


気付けば、陽希への恋を自覚してから一週間以上が経過していた。


陽希を待たせたくない。


早く言葉にしたい。


その気持ちは強くあるのに、なかなか上手くいかなくて…。


想いを口にすることへの難しさを痛感している私がいた。


陽希はスゴいな…。


私への告白、かなり緊張したはずなのに…。


そのドキドキを乗り越えて、告白してくれたんだから…。


私も頑張らなきゃ…。



< 147/ 350 >