ケータイ小説 野いちご

俺は、お前がいいんだよ。

Chapter*4
落ち着く腕の中


もし、これが本当に恋だとしたら…


私は陽希のどこに惹かれてるんだろう…。


「由依?」


「…………。」


「ちょっと、由依ってば!」


ハッと我に返ると、なぜか私の隣の席に座っている恵理子の姿が目に映った。


「えっ、どうして恵理子がここにいるの!?」


「さっきの話、聞いてなかったの?数学の先生、急用が入ったらしくて、授業が途中から自習になったじゃん。だから、由依と一緒に出された課題やろうと思って。」


恵理子は黒板を指差す。


そこには数学の先生の字でテキストのページが書かれていた。


「そっか、今…5限の数学なんだっけ…。ごめん、考え事していて何も聞いてなかった…。早くやらないとね…。」


慌ててテキストを広げようと手に持つと、恵理子はニヤリと笑みを浮かべる。


「考え事って、瀬ノ内君のこと?」


「えっ!?」


ビックリした私は、テキストをバサッと落としてしまった。



< 121/ 350 >