ケータイ小説 野いちご

涙が枯れる日 Ⅰ【完】

過去
***姫***










桜花が姫になった日天龍の倉庫に招待した





「ねぇ、本当に私でいーの?」

「桜花だから天龍の姫にするんだ」

倉庫の前で桜花は少し不安がっていた


「そ、そっか!」


「大丈夫だ。天龍は皆優しい奴らだ」


「うん!」


そう言うと倉庫の重いドアを開けた




下っ端)((雷輝さんこんにちわっ))





「あぁ」


短い返事の後に幹部室に行こうとしたとき


「そ、総長。その女の人は?」


そうだった。一応軽く下っ端達にも紹介しとこう



「今日天龍の姫にする桜花だ」



(え………姫………?)


「天龍にも姫が出来るんっすか?」


「皆が認めたら姫になるぞ」



(…………マジで?………)



「うれしいっす!姫欲しかったっす!」

以外だった…

姫がすんなりと許してもらえた……



「そうか。それはよかった」


そんな事を喋っていると、

「あのー自己紹介しとくね」


桜花が自己紹介をすると言った


「そうだな…そのほうがいいな」





「えっと、今日から天龍の姫になる明道桜花です。よ、よろしくお願いします…」


そんな感じで桜花が自己紹介をした



(び、美人さん…………。)


「桜花さんっすね!覚えました」




< 27/ 366 >