ケータイ小説 野いちご

白雪姫

再会
転入生




「えー、突然だが

このクラスに2名。転入生が来る。

みんな、仲良くするように。」



ざわめき出す教室。



先生の入ってこい。の一言で

教室にいる誰もが息を呑んだ。




転入生は、美男美女だったからだ。



入ってきた瞬間、

女の子の方が「あー!」と指を指す。


その先にあるのは美麗で

顔色を悪くしている。




「美麗!久しぶりね!」


と、可愛らしい笑顔で言う。



「え、えぇ、そうね。」



何だ何だ、知り合いか?


なんて声が聞こえてくる。



今にでも壊れてしまいそうな美麗に

話しかけようとするもう一人の男。



陸は美麗の手を引き、外へ出た。




< 24/ 33 >