ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 番外編

直登side







直登side





卒業式が終わり、僕達は残って仕事をしていた。








でも、僕は行くところがあり、帰る準備をしていた。









雁「・・お前、もう帰んの?・・何処行くの?」






直「え~?・・知りたい?」







大「しりてぇ!!」






直「ひ・み・つ・」





雁「何だそれっ」





直「和さんいってきまーす」






和「ハイハイ。」







僕は、学校を出た。








直「6:30・・・予定通り着くかな?」











< 34/ 70 >