ケータイ小説 野いちご

強がりな元姫様

狙われた元姫



ピピピッピピピッ


「――……」


朝を知らせる目覚ましが鳴った


昨日はいろいろあった


……緋麻里を傷つけちゃったなぁ


学校、行きたくないし、家にもいたくないし……どうしよう


カチッ


モヤモヤした気持ちで目覚まし時計を止めてベッドから降りた


制服に着替えてすぐに部屋を出た


廊下ですれ違うメイドや執事


誰一人目を合わせてくれないし、話しかけてもくれない


私は"要らない子"かな?


ここで認めてしまったら私は私でいれる自信がなくなってしまう


何も言わずに家を出た


秋晴れの季節


もう肌寒くなってきた


「……はぁ」


校舎には入らずにどこか人通りが少ない所を探す


午前中だけ学校にいよう


不良なのに皆授業には参加している


だから、サボっている生徒は私以外見当たらない


なんとか場所を見つけた


腰を下ろし、空を見上げ流れる雲をぼんやりと眺めていた




 

< 49/ 500 >