ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

青空の下月夜に舞う

揺れ動く中で






「へぇ……アイツが泣き虫か。喧嘩の強さは空手かよ」


面白いのか、そうでないのか。



私の話を、新たにつけたタバコを吸いながら静かに聞いていた慶太郎。


嘘は吐いてない。



もう、思い出してもしょうがない、記憶。

あの頃は楽しかった、なんて台詞は。
今が充実しているから言える事で、私がそれに似た言葉を口にするならば。


あの頃に戻りたい、とは。絶対に言わない。

やっと前を向き出した自分。
だけど、それを嘲笑うかの様に、簡単に引きずり戻す雄大。




「出会わなければ良かったんだ。私達」




最初から。





< 163/ 319 >