ケータイ小説 野いちご

君って..

いつまでも、思ってるよ
隠しとおすの




次の日、学校に遅刻ギリギリで行った。

一番始めに目にはいったのは..



―――――――――――――――翔太。

一瞬目があった。気がする。

始めに声をかけてくれたのは..

「千夏‼」

「なっちゃん..」

「メールしても返信ないし、電話もでないし..って、え?!なんでないてんの?」

「あのね..」

私は全部話した。
転校することも、まだ、翔太のことが好きなことも。

「..そっ、か。寂しいね。」

そんな、弱音をはくなっちゃんを初めて見て、思わず顔をあげると..

――――――え?

「グスッ..。
ちょ、ちょっと、見ないで‼」

なっちゃんが..うそ。



―――――――――――――泣いてる?

「わだじもやだよぉおおお‼
なっちゃんと離れるなんて、あと、1週間しかないなんて..寂しい、グスッ..
やだやだやだぁあ‼行きたくない..」

私もいつの間にか、泣いていた。

1限目は、二人でさぼっちゃった。

2限目、こっぴどく怒られちゃったけどね。

< 15/ 28 >