ケータイ小説 野いちご

浮気彼氏から奪うオトコ。

○ 浮気彼氏 ○
「お前が浮気すんなよ」






廣クンの表情は切なそうだった。

凄く悲しい瞳を見せた。



「何で?」


あたしが聞くと、廣クンに余裕の無い顔が見える。


「俺はお前だけは駄目なんだよ」


「意味わかんない」


「それでもいい」


「ねぇ、裏真君ー?」


「何で名前知って…」


「俺の名前。功 蒼斗。

キミのライバルになってあげる。

もう…キミに好きな人を取られたくないし。

これは復讐だよ」


「ふ…くしゅう?」


「うん、そう」


「ちょっと、功クンっ…」


「妃鞠ちゃん…。俺はね、カレに奪われたんだ。

彼女をね。それも去年に…」



「俺、覚えてねぇーぞ」


「浮気ばっかりしている君は、気づくはずもない。

女子1人1人の気持ちなんて…」




< 8/ 313 >