ケータイ小説 野いちご

異世界にトリップしちゃいました

気持ち

アレンside

仕事が一通り終わり、俺は自分のとなりの部屋。つまり、葵の部屋に向かっていた。


すると、

「ここは王族が暮らす所なのよ!あなたのよう
 な地味な女が立ち入っていい場所じゃないの
 !」


と、ヒステリックな怒鳴り声が聞こえてきた。


なんとなく嫌な予感がし、怒鳴り声の方に行くと、顔色の悪い葵と、派手な女二人、それにメイドが葵を庇うように立っていた。


「まぁ。メイドごときが私に口出しするの?!



女が一層ヒステリックに声を荒げると、葵が静かに口を開いた。



< 55/ 78 >