ケータイ小説 野いちご

ー君は俺の光ー[1]

麻央side.2


偶然なのか必然なのか…



それが2度続いたなら『運命』って事なんじゃないだろうか……。





屋上で昨日の事を考えながら青く広がっている空を眺めていた。



そんな時いつもならバカ笑いと共に開く扉がキィ…という音とともに遠慮がちに開いた。



ジッと扉を見る。



少し開いた扉からひょこっと顔を出したのは…くぅだった。



ドクリと胸を打つ心臓。



こんな事ってあるのか?



昨日の今日だぞ?



< 46/ 344 >