ケータイ小説 野いちご

<完>孤独な姫さんは世界一の総長 上

1章








ジリリリrガチャン









・・・また壊したわ。







はぁ。最悪・・何回目だろうね。2桁言ってるかな?








まぁ、それはどうでもいいんだけど。







起き上がると見慣れた天井。






ムクっと起き上がると目の前には無惨な目覚まし時計。








< 1/ 378 >