ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

手の届かないキミと

村山くんの恋人。



村山くんは私に、一緒に帰ろうと言ってくれた。

私みたいな子が途中でいなくなるのはどうってことないけど、村山くんが抜けたら…


でも、それでもいいよって村山くんは言ってくれた。


もう帰ろうって。十分に海を楽しんだよって。

そう笑いかけてくれる村山くんのこと、やさしいなって思った。


…村山くんといて、傷つくことはないだろう。


さりげなく私をかばってくれて、私が悪いって思うようなこと、ぜんぶとっぱらってくれるんだ。


< 158/ 466 >