ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ラブゲーム

作品番号
1277418

最終更新日
2019/3/12

ラブゲーム

秋風月/著 ジャンル/恋愛(オフィスラブ)
92ページ
PV数/370,495・総文字数/52,053

 
同期仲間の飲み会で
あるゲームが提案された

仲間の中で断トツにモテる三浦裕一郎の
次の彼女を第三者が指名し
3ヶ月以内にその女性を落とせなければ
ペナルティとして裕一郎は丸坊主になる

そして指名された女性は
仲間の中で断トツに堅いイメージの桜井女史
こと、桜井ふゆみだった

もし3ヶ月以内に裕一郎に落とされたら
ふゆみは眼鏡をコンタクトに
換えなければいけない


「いいですよ。どうせ結果は見えてますから」

初めは乗り気でなかった裕一郎だが
ふゆみの挑戦的な一言に

「わかったよ。やってやろうじゃないか」

闘志を燃やす裕一郎だったのだが……


2019.2.25 執筆開始
2019.3.9 完結

作品No.37


小説を読む