ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

光を掴んだその先に。─After story─

作品番号
1633444

最終更新日
2021/12/21

光を掴んだその先に。─After story─

◇理人◆/著 ジャンル/恋愛(純愛)
192ページ
PV数/1,102,142・総文字数/122,699





Q.刺青はしないの?

A.『しねえな。昔、そういうの見て
泣いてた赤ん坊がいてよ』


Q.煙草は吸わないの?

A.『あぁ、吸わない。
そいつが泣くことはしないって決めてる』



それが日本のトップを占める
極道組織の若頭さんです。

昔から私だけに甘い甘い、若頭さんです。







『あんま可愛いこと言ってると
襲われても知らねえぞ。…俺に』


『いや、なんかムラッときた。いいな制服』


『…さすがに少し先に進む』



光を掴んだその先には。

バニラアイスよりも
甘くてとろけてしまいそうな


俺様若頭の溺愛が待っていました。





極道組織“天鬼組” 一人娘

天鬼 絃
─Amaki Ito─

×

俺様甘々溺愛 若頭

那岐 絃織
─Nagi Iori─





これは光を掴んだその先の、はなし。


新たなライバル、新たな恋、
相変わらずの賑やかな毎日は…



『なに、結局就職にしたの?
那岐 絃になるんじゃなくて?』


『……敗北を味わったんだってば』


『とうとう負け認めちゃったしこの子』



天鬼 絃、大ピンチ。



光を掴んだその先に。─After story─



※『光を掴んだその先に。』
こちらの続編となります。

前作をお読みになってから
開いてくだされば嬉しいです。





小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)