ケータイ小説 野いちご

いつか、眠りにつく日2~限定エピローグ~

作品番号
1561992

最終更新日
2019/6/7

いつか、眠りにつく日2~限定エピローグ~

いぬじゅん/著 ジャンル/青春・友情
8ページ
PV数/2,089・総文字数/2,150

□■□■□■□■□■□■□■□

「いつか、眠りにつく日2」の発売を記念して、

当初収録予定だったエピローグを公開いたします。

□■□■□■□■□■□■□■□

※ご注意※

こちらは、書籍版「いつか、眠りにつく日2」をお読みになられた後にご覧ください。

静岡県限定カバーの「もうひとつのエピローグ」とは別バージョンになります。

あらすじ

高校2年生の光莉は命を落とし地縛霊になりかけていた。
片想いの相手を思い出した光莉だったが、避けられない運命が立ちはだかっていて……。

【作者より】
原稿を執筆する際に、エピローグを3つ書きました。
どれも好きだったのですが、ひとつを書籍版に。
もうひとつを「静岡限定カバー」に。
こちらに掲載しているのは、当初私がいちばん気に入っていたエピローグです。
読み比べていただけるとうれしいです。


小説を読む