ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】お前の声が聞きたくて、仕方ないんだよ

作品番号
1406233

最終更新日
2019/8/31

【完】お前の声が聞きたくて、仕方ないんだよ

言ノ葉リン/著 ジャンル/恋愛(純愛)
346ページ
PV数/10,676,026・総文字数/120,535

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


「可愛い顔すんなよ、お前のクセに」


きみだけは

好きにならないと誓います


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


私には夏休みまでにどうしても
彼氏をつくりたい理由がある


ーーー蜷深仁菜 (Ninami Niina)



告白しにきた私が見てしまったありえない現場に現れたのは



「コイツ、俺のだから触らないでくれる?」



顔は極上にカッコいいって騒がれるけど
昔からなぜか私にだけ意地悪ばかりしてきた

いじめっこ


“ 絶対君主の大魔王 ”のアイツ!!


ーーー桐生秋十 (Kiryu Akito)



私の理想には絶対に入らない 
圏外ナンバーワンのアイツは
ある条件を出してきて……



「じゃあ、お前に彼氏が出来たら
何でも言うこと聞いてやるよ」


「なんでも?ほ、本当に?絶対………!?」


「その代わり、彼氏が出来なかったら
俺の言うことなんでも聞けよ?」



世界で一番大嫌いなきみに

振り回されてばかりの日々


+
:

.

*



「俺のことばっか考えて、困ってれば?」


そんな台詞を言ってきて邪魔する
きみの企みはなんですか?


* * *


「………やば。余裕なさすぎだろ、俺」


そんな顔をされても


「お前の声が聞きたくて仕方ないんだから、
しょうがないだろ?」


どんな言葉を言われたって


「いくら嫌われても、俺はずっとお前に触れたかったよ」


私は絶対に、きみだけは無理


* * *


*2019.11.25月
▹▸野いちごピンクレーベルより発売予定

───────────────────────────

★☆special Thanks★☆
素敵なレビューを寄せて頂き
ありがとうございます(;_;)♡

西茉様 
音羽 ゆめ様
Hiぃーなta様
⁷₍⁽՚ᵕ՝⁾₎₇様
すいか姫様



(C)Rin Kotonoha



小説を読む