ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

センタクシテクダサイ
書籍化作品

作品番号
951169

最終更新日
2015/7/27

センタクシテクダサイ

cheeery/著 ジャンル/ホラー・オカルト
318ページ
PV数/9,883,262・総文字数/80,463



ある平穏なクラスに

死を意識させるためのシステムが

導入された。


それが、

『センタクシテクダサイ』



そのシステムはとても残酷なものだった。


機械がランダムに3人を指名。

そのうちの一人は

【センタク者】と呼ばれ


選ばれた人の中から

1時間以内に最低一人殺さなければならない。


1時間以内にボタンが押されなかった場合


自分が死ぬことになる。


ボタンの種類は3種類


センタク者から見て左にいる人を指す
【A】のボタン


センタク者から見て右にいる人を指す
【B】のボタン


そして、自分を含め全員を示す
【全壊】のボタン



さて、あなただったら誰を殺す?

友達?彼氏?自分?



さぁ、〜センタクシテクダサイ〜



7月25日文庫化

好評発売中

あらすじを見る
西暦20XX年。政府がある高校のクラスを対象に、命の重みをわからせるための実験を試みた。【センタク者】に選ばれた者は、1時間以内に【A】もしくは【B】の人物を殺さなければならない。センタクしなかった場合、待っているのは自分の死。生徒たちは生き残るため、だまし合い、裏切り合う。最後の1人になるまで終わらない死のゲームの行方は!?

小説を読む