ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ふたり。-Triangle Love の果てに

作品番号
712238

最終更新日
2014/2/19

ふたり。-Triangle Love の果てに

つるぎ須磨子/著 ジャンル/恋愛(その他)
411ページ
PV数/967,290・総文字数/354,921

私を見て微笑む

そのあなたの唇に

悲しみが隠れていたのに

わざと気付かないふりをした。



今この瞬間でさえ


私はあなたを

あなたは私を

こんなにも傷付けているのに。


それでも

愛したいと願った。


それでも

愛されたいと願った。


なのに…

憎しみゆえに戸惑い

愛しさゆえに彷徨う。


ねぇ、知ってる…?

行き場を失った愛が

苦しげに肩で息をしてることを…



対立する組織の抗争に巻き込まれ

両親を失った女。

彼女が愛してしまったのは


背中に龍を持つ

「組織」の男だった。



前作「はぐれ雲。」の登場人物も、この物語の中で愛を紡いでゆきます。
この物語に出てくる天宮信太郎の過去、「『愛してる』、そのつづきを君に」もただいま執筆中です。


小説を読む