ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

わたしはね、ママを選んで産まれて来たの。 −上−

作品番号
584297

最終更新日
2011/5/6

わたしはね、ママを選んで産まれて来たの。 −上−

深依-mii-/著 ジャンル/ノンフィクション・実話
28ページ
PV数/69,971・総文字数/18,553

『この子はお金が掛かる子なので、覚悟しておいて下さいね』

ママはわたしが3歳のときに深夜救急でかかったときの先生に、そう宣告された。

その宣告は現実になる。

小児喘息、いじめ、両親の離婚、うつ病、リストカット、睡眠障害、自殺未遂、オーバードーズ、適応障害。

何度も死のうとした。

どうやったら死ねるかばかり考えていた。

だけど今のわたしが生きているのは、ママと親友達のお陰。

ママ、こんなわたしを産んでくれてありがとう。

見捨てないで、何時も守ってくれてありがとう。

もう自ら命は絶ちません。

寿命が来るまで死にません。

それまでに、わたしの過去を綴ります。


小説を読む