ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

優しい嘘−最低な男を愛して−【下】

作品番号
471694

最終更新日
2010/10/10

優しい嘘−最低な男を愛して−【下】

juna/著 ジャンル/恋愛(その他)
265ページ
PV数/12,301,406・総文字数/55,188

何かもが嘘で…


最低な兄で…

最低な彼氏だったけど…

本当は全て
優しい嘘だったんだね。


**********



親の結婚でいきなり出来た兄


初めて会ったその瞬間……
一目惚れだった。


カッコ良くて素敵な兄だと思ったのはほんのつかの間



性格も口も悪くて、女好きの
最低な兄・南沢大雅(ミナミザワタイガ)


男を見る目がなくて失敗ばかりの恋をしてきた
女子高生・川上雪穂(カワカミユキホ)



**********



「殺してもいいよ、浮気したら」

「はぁ?」

「絶対しないけど」

「フッ…分かった。ぜってぇ殺すからな」




やっと、辛い日々から幸せな日々がやってきた。


でも相変わらず、最低なのは変わらなくて…

それでもあたしは大雅が
好きだよ…



**********




※フィクションです。




start→2010・8・29

end→2010・9・4





ランキング5位になりました☆☆


感想、レビューを下さった方々、本当にありがとうございます。


小説を読む