ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

地味子の秘密 其の壱  VS黒羽の大妖怪
書籍化作品

作品番号
285176

最終更新日
2018/1/25

地味子の秘密 其の壱 VS黒羽の大妖怪

牡丹杏/著 ジャンル/恋愛(その他)
628ページ
PV数/94,734,933・総文字数/226,642

あたし、神崎 杏樹。
高校1年生。

膝下のスカート
分厚いメガネ
長〜いみつ編み

家庭の事情により
冴えナイ地味子やってます。

何故なら…あたしの家は
代々続く“陰陽師”の家系で

あたしも……

“妖怪退治屋の陰陽師だから”!!


このことは誰にも秘密……。


なのに…
学園の王子様にバレちゃった!


「なぁ……バラしていい?」
「ぜ、絶対ダメっ!!」


王子の仮面をかぶった悪魔に、
秘密を握られ……
甘〜く脅されるハメに!?


「俺に逆らっていいのか?」
「こ、この悪魔がぁっ!!」

‡天然地味子‡
神崎 杏樹
×
‡イジワル王子(変態悪魔!!)‡
滝本 陸


途中から甘々入ります
(*第五章*辺りから)

Start―2009/07/18―
Endー2009/12/21−
続編・地味子の秘密②
完結しました☆

こちらは修正前のもので、大変読みにくいままです。文庫版が整理され、読みやすいと思われます…。

2010/10/25①
2010/11/25②
文庫が発売されました!
本当にありがとうございます!!

2017/12/25
新装版 地味子の秘密 VS黒羽の大妖怪
天然地味子×イジワル王子
発売していただきました!
応援ありがとうございます。

好評発売中

あらすじを見る
高1の神崎杏樹は、学校では膝下丈スカートにメガネにみつ編み!の地味子。でも、それは仮の姿。実は…神崎家は代々続く陰陽師の家系。もちろん杏樹も陰陽師!霊力を隠すため、地味子の姿で学校の妖怪退治をしているのだ。これは誰にも秘密…なのに、学園の王子様・陸にバレちゃって甘~く脅されるハメに!?2010年、読者による文庫化リクエストNo.1!!

小説を読む