ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【シナリオ】生まれ変わっても、ずっとそばにいる。

作品番号
1626904

最終更新日
2021/1/17

【シナリオ】生まれ変わっても、ずっとそばにいる。

伊桜らな/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
2ページ
PV数/173・総文字数/1,342

 大手企業に勤める岩瀬紗季(いわせ さき)は、毎日平々凡々な日々を過ごしていた。仕事をして、大学時代から付き合っている彼・佐久間茜(さくま あかね)と過ごす日々。そんな時、茜から不思議なことを聞かれる。
「まだ、思い出さないの……? 俺はずっと君を愛しているのに」

茜が微笑んだ瞬間、紗季は倒れる。目が覚めると紗季はメイド服に髪は明るい茶髪のロングの姿。
 紗季は混乱するが夢だと悟る。だが、「マリー!」と呼ぶ声が聞こえて何故か返事をしてしまう。部屋から出ると「マリー!! 坊ちゃんがお呼びよ」と言われる。
 坊ちゃん? とは誰かわからないまま、言われるがまま坊ちゃんの部屋に行く。
 部屋に入ると荒れ放題の部屋。黒い闇に包まれ、そこには目がくすみ真っ黒な髪の少年がいた。
「マリー……今までどこにいたんだ?」と聞いてきた少年は、ムスッとした顔でマリーを見た。
 マリーは、とにかくメイドの仕事をすることにする。掃除をして部屋から出ると、いろんなメイドの言葉から整理する。
 ここはユーリ・アルベルト公爵のお屋敷。旦那様とご夫人は政略結婚で仲が悪く、いわゆる仮面夫婦。次期当主候補であるリュカ・アルベルト様に支える専属メイドのマリーだという。
 リュカ様は、貴族内で数百年に一度生まれる呪いの子と言われている。いつも闇に包まれ、近くに行けば呪いが移ると言われ罵られ『気持ち悪い』と言われていたが、マリーだけは違った。マリーは「リュカ様のこと、私は愛してます」と言ってずっとそばにいた。
 それから、呪いは無くなることもなく15歳を迎える。マリーはリュカの呪いを解く方法を探していた。そしてその呪いを解くために自らの命を犠牲にし、危篤状態に陥ってしまうが数日後に目が覚めるとリュカの呪いの真っ黒な闇は消えていて、安心するマリー。
 リュカは、彼女の命の灯火が消えそうな中マリーの手を包み込み「マリー、ごめん。もし、生まれ変わったらその時は君を守るよ。真っ先に見つけに行く、絶対に」とマリーに言うが、彼女の体に温もりはなくなった。

 夢から覚めた紗季は、隣でスヤスヤと眠る茜を見つける。彼を見て、「リュカ、なの?」と呟くと彼は目を開き頷く。
「約束しただろ? 見つけに行くって」と茜が微笑むと、紗季の目からは涙が溢れていた。





小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)