ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

奥手な二人の両片思い

作品番号
1622848

最終更新日
2021/3/1

奥手な二人の両片思い

りょくちゃ/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
144ページ
PV数/85,129・総文字数/83,179

今年で友達5年目になる私達。


でも本当は…………彼に片思いしています。



◇◇◇
奥手なお調子者
上川怜也
かみかわ れいや
×
社交的な不思議ちゃん
綿原菫
わたはら すみれ
◇◇◇



「綿原さん、大丈夫……?」
手を差し伸べてくれたあなたはまるでヒーローみたい。


「上川君……ありがとう……!」
その笑顔……まさに天使だ…………!





Q 何でお互い下の名前で呼ばないの?
A 「だって……なんか恥ずかしいもん」
「いやいや、あんな美人さんを名前で呼ぶなんて恐れ多いって……!」




両片思いでなかなか「好き」と言えない、ちょっと焦れったい二人のラブストーリー。




2020/12/25 執筆開始
2021/2/8 完結


「海先生のお悩み相談室」で、
水族館デートの裏話を公開しております。
良かったら覗いてみて下さい。



*──*──*──*──*


葉山心愛 様

素敵なレビューと感想をありがとうございます!



2021/3/16 野いちご編集部オススメ作品掲載
ありがとうございます!

あらすじ

高校2年生の菫は、中学の同級生の怜也に片思いをしている。
本当は気持ちを伝えたいが、気まずくなるのを恐れて、彼とは友達以上恋人未満の関係のまま。
しかし、友人の清花に最近気になる子ができたのをきっかけに、菫も自分の気持ちと向き合うが…………


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)