ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

泣いて、凪いで、泣かないで。

作品番号
1612244

最終更新日
2020/9/19

泣いて、凪いで、泣かないで。

美扇ぬい/著 ジャンル/恋愛(純愛)
480ページ
PV数/53,615・総文字数/122,528

私の人生には

真っ青にどこまでも広がる大きな空と

太陽の光を受けてキラキラ輝く海が

あればいい。

そして、

ずっと

ずっとずっと

ずっとずっとずっと

好きで、

大好きで仕方がない

キミが......

キミだけが......

いればいい。



***



母子家庭に育った、少し怖がりだけど、心優しく、家事全般をこなせる、恋には一途な少女


瀧内美凪(たきうちみなぎ)


×


美凪との間に秘密があり、彼女に複雑な感情を持つ、美凪の幼なじみでバスケ部部長のキレイ好き少年


鳴海結人(なるみゆいと)


×


社長令嬢で独特の感性を持ち、なぜか日本語が不馴れだが、その面白さは天下一品。人を常に惹き付けて離さない磁石のような天真爛漫な少女


水城汐衣愛(みずきしいな)



そして、


彼らの幼なじみで大人っぽく、冷静な性格で才色兼備だが、カレシの前では可愛い表情を見せる


浜辺夏綺(はまべなつき)、


夏綺のカレシで結人のチームメイト


辻浦煌人(つじうらあきと)、


美凪に想いを寄せるイケメンサーファー


波田野爽(はたのそう)、


美凪を姉のように慕う、しっかりものの結人の妹


鳴海結月(なるみゆづき)


など


個性的な人々が


海の町で


夏を駆ける



***



この海の近くで


人と人を結んで。


もう誰も


いなくならないように、


離れないように、


ぎゅうっと、


固く固く結んで。





人は


誰かを想う。


想えば、想うほどに、


誰かと繋がることを望む。


繋がったら、


その繋がりがほどけないように、


結ぶ。


何度も結んで、


また結ぶ。



海×青春3部作、最後の作品


テーマは"結"


衝撃のラストにも注目



***



きっと、誰かを想う力は、


空と海のように無限で、


風が凪ぐように、


優しい。



※3部作ですが、全て独立した作品ですので、今作だけ読んでも楽しめます


2020.9.12に完結としましたが、
同年9.18に一部加筆修正しました

あらすじ

主人公は高校3年生の瀧内美凪と鳴海結人。3歳の時、美凪が結人の家の近所に引っ越して来て出逢いを果たす。2人と幼なじみの水城汐衣愛は結人と現在付き合っており、仲良しカップルだが、美凪は結人のことが好き。一見普通の三角関係に見えるが、美凪と結人との間には秘密があった。果たして、2人の秘密とは?そして、複雑に絡まった糸をほどいて結び直すことが出来るのか?衝撃のラストにも注目。海×青春3部作の終焉作品。


小説を読む