ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

やがて春が来るまでの、僕らの話。

作品番号
1610636

最終更新日
2021/4/13

やがて春が来るまでの、僕らの話。

北乃アトミ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
566ページ
PV数/134,076・総文字数/257,160




*****

ランキング入りすることができました!
ありがとうございます。

*****




十五歳の冬、転校先で出会ったのは
三人の男子生徒と一人の女子生徒だった。


恋をして、恋をされ、
青春真っ只中の彼らを襲ったひとつの悲劇。




「…………死ぬのかよ」


「ここまで生きてきといて、
今更死ぬのかよ───っ!!」



***



side KASHIWAGI


あのとき言えなかった想いは、
大人になった今も胸の奥にある。



「…………俺はお前が好きだったよ」


「俺と、ずっと一緒にいて……」



***



side WAKASE


ガキだったけど、
ガキなりに真剣だったから。



「すげぇ好きだったのに、
俺が弱かったせいで、ガキだったせいで、
ずっと一人にして……ごめん」



***



side KURATA


自分のことなんてどうでもいいくらい、
あいつらを守りたい。



「それでお前が生きられるんなら……
お前らがちゃんと生きてくれるなら、
俺はなんだってやるよ」



***




過去を共有する者。

未来に出会う、希望を持つ者。

過去と未来を、繋ぐ者。

その全てが重なりあったとき、キセキが起こる───




子供時代から大人になった彼らまでを描く、
壮大な長編ラブストーリー。




**主な登場人物**

◆谷ハナエ
暗い過去を持つ女の子。
転校した学校で幼馴染4人と出会う。

◆内田陽菜
ハナエの親友。
柏木、若瀬、倉田とは幼馴染。

◆柏木秀人
子犬系モテ男子。
陽菜と付き合っている。

◆若瀬志月
正統派イケメン。
曲がったことが嫌いで時にはズバズバモノを言う。

◆倉田律
ハナエたちの2つ年上でみんなの兄的存在。
面倒見が良く友人も多い。

◆杉内幸一郎(現在編)
ハナエの1つ年上。
気さくで明るい性格のバーテンダー。

◆南波栄太(現在編)
ハナエの3つ年上。
独特な感性の持ち主で、絵を描く商売をしている。



あらすじ

学生時代、同じ教室で過ごしていた仲間たち。
恋心も友情も深まる中、とある出来事をきっかけに全員が癒えることのない傷を負うことになる。
バラバラになった彼らが大人になり再会したとき、止まっていたはずの時間が動き出し───…


小説を読む

NEW!!