ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天然たらしが本気を出す時。

作品番号
1555900

最終更新日
2019/5/14

天然たらしが本気を出す時。

ワレモノ/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
189ページ
PV数/2,925,458・総文字数/99,678

ある日の放課後


「私、七瀬くんが好きなんだよね」



私は1つの嘘をついた。





その七瀬くんは

「橘さんってほんとに可愛いよね」

なんてサラッと言っちゃう天然たらしで!?














「存分に甘やかして
俺がいないと生きていけないって言わせたい」


「俺、可愛いなんて好きな子にしか言わないよ」





天然、じゃない、本気になった彼に
どんどん心が揺れ動かされていく。







「ねえ、…俺にしときなよ」







start : 4/24
Illust : h23k様








あらすじ

学校のマドンナと好きな人が被り
焦った小菜は「七瀬くんが好き」と嘘をつく。
しかし、その『七瀬くん』は生粋の天然たらしだった!?しかも七瀬は小菜のことを好いている様子で彼からの猛アタックが止まらない!!
女子のリアルを詰め込んだラブコメディー!


小説を読む