ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

いつでもきみのそばに

作品番号
1551616

最終更新日
2019/3/27

いつでもきみのそばに

ベルの音/著 ジャンル/恋愛(純愛)
168ページ
PV数/261,667・総文字数/36,760


高校入学式当日、俺の前に姿を現したのは


3年前に死んだはずの幼馴染だった。







「大ちゃん、本当にありがとう」


舞がくれた言葉の一つ一つが俺の中では特別で。


―――舞は俺にとって太陽だった。





「舞、ありがとう」


大ちゃんがくれた言葉の一つ一つがどれも嬉しくて。


―――本当はもっと一緒に・・・。








菊池舞(きくちまい)

×

渡曾大輔(わたらいだいすけ)







あれは、きっと、2人の想いが繋がった―――






*・*・*・*・*・*・*・*・*・*


桜海 玲愛 さま

素敵なレビューありがとうございました!


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*



おすすめ掲載にも載せていただきました!



小説を読む