ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

青い僕らは奇跡を抱きしめる
書籍化作品

作品番号
1517178

最終更新日
2019/1/10

青い僕らは奇跡を抱きしめる

木戸ここな/著 ジャンル/恋愛(純愛)
106ページ
PV数/36,717・総文字数/81,305

不思議な街に彷徨いこんだ悠斗。
そこで出会った少女、葉羽。

奇跡が起こるという
不思議なサボテンを手に入れた時

奇跡のマジックショーが始まった。

二人は知らずと奇跡に組み込まれ
物語が紡がれていく。

パズルのピースが全て揃った時
手品の種明かしが始まる──

そして
この物語は誰かがそっと見守って
そこで初めて大切な事に気が付くようになっていた。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …


トゲがいっぱいついてても
見掛けだけで判断しないで下さい。

見えないトゲを持ってる人もいると思うんです。
自分を守ったり、攻撃したり
そのトゲに自分自身が泣いていたり。

苦しい時は助けてあげたい。
トゲトゲがいっぱいのサボテンが影の主役となって
あなたを救います。

あなたは一人なんかじゃないんです。

それでは
サボテンのマジックショーの始まりです。
種明かしは全てが終わったその後で。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …
第3回 スターツ出版文庫大賞
大賞受賞
本当にありがとうございました。
『トゲトゲじかけのサボテンは優しく君をハグしたい』(原題)の
書籍化に伴い『青い僕らは奇跡を抱きしめる』と改題し
名前もCoconakidから『木戸ここな』と致しました。

【ご注意】
未公開シーンの加筆と話の修正を大幅にし
こちらで掲載しているものは
粗も多く間違いもそのままで
書籍版とは異なっております。
(書籍版の方がより一層奥が深くなってます)
* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …




好評発売中

あらすじを見る
いじめに遭い、この世に生きづらさを感じている“僕”は、半ば自暴自棄な状態で交通事故に遭ってしまう。“人生終了”。そう思った時、脳裏を駆け巡ったのは不思議な走馬燈――“僕”にそっくりな少年・悠斗と、気丈な少女・葉羽の物語だった。徐々に心を通わせていくふたりに訪れるある試練。そして気になる“僕”の正体とは……。すべてが明らかになる時、史上最高の奇跡に、涙がとめどなく溢れ出す。第3回スターツ出版文庫大賞にて堂々の大賞受賞!圧倒的デビュー作!

小説を読む