ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 登校中
    • 教室
    • 告白

    『死ね』『ウザい』『消えてちょうだい?』

    そんな悪口だらけのメモが今日も机の中に入っていた。

    後ろの方で女子の笑い声が聞こえる。

    いつも私をいじめている、石野くんファンクラブのリーダー、ジュリたち。

    「ねぇ、まだ学校来てんの?」
    「......っ」
    「こーんなにいじめてるんだし、そろそろ辞めちゃえば?」

    目の前で教科書がビリっと派手な音を立てて破れる。

    どうしたらいいのかわかんないよ...

    石野くん...!!


    「あのさ」


    それは、唐突に聞こえた。

    私が求めていた、好きな人の声。

    「...どうしたの、石野くん?」
    「そういうの、こいつにやるなよ」

    そうしている間にも私の顔は紅潮していく。

    「お前、分かりやすすぎるんだよ」

    石黒くんはこそっと耳打ちした。


    そして、ジュリたちを向いてきっぱり言った。


    「オレの彼女に手だすなら彼氏のオレが許さねぇからな?」

    開く閉じる

    • 先生
    • お昼休み
    • 廊下
    • キス

    午後の授業が始まる5分前...


    あなた
    「ジュース買っとこ」


    自販機の前で何を買おうか迷っていると、誰かが後ろから話しかけてきた。


    先生
    「ん〜、何にしようかな〜」


    あなた
    「.....先生!」


    驚いたあなたの顔を見て微笑むと、先生がお金を入れた。


    先生
    「さっさと決めろ、俺も買いたいんだから」


    あなた
    「え、でも先生お金入れちゃっ....」


    先生
    「いいから、早くしろ」


    あなたがボタンを押すと、先生はそのジュースを拾い、続けてお金を入れ自分のコーヒーを買った。


    あなた
    「先生、私払います」


    先生
    「うん、そのつもり」


    先生がジュースをあなたに渡し、そのままあなたの手を引いた。



    ちゅっ



    あなた
    「......!」


    先生
    「ご馳走さん、授業遅れんなよ」



    そう言うと、先生はあなたの頭をポンポンしてその場を後にした。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 廊下
    • 頭ぽんぽん

    特別クラスの白雪は、可愛い。
    白雪姫みたいな、女の子。

    ガヤガヤ。
    授業中なのに、集まる野郎共。

    「白雪ちゃん、こっち向いて!!」

    また、来た。

    ちらっと見て不安そうな白雪。

    そうだよな、不安だよな。
    だけどーー何をしてあげたらいいんだろう。


    不器用な俺。



    「白雪っ、大丈夫、大丈夫。」

    海ーーーー!!

    頭を撫でる海を見つめる白雪。

    「海くん、ありがとうっ」
    君を見つめる海に、イラつく。

    だけどーーなんにも出来ない俺に。


    「柊くん、髪に糸くずがっ」

    撫でる君の細い手を掴んだ。

    「今は、誰のもんにもなるなよ!」


    「えっ?」


    なかなか伝わらない。
    だからーーーー

    「お前は、俺のもんな!」
    やっと言えた。

    そして、頭を撫でた。

    上書き。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

青い僕らは奇跡を抱きしめる (木戸ここな/著)

  • 終わり直後の怒涛の展開に、いつのまにか目をめちゃくちゃ見開いて読んでいました。
    パズルのピースがハマっていく感覚って初めて経験しました。種明かしが始まった瞬間、全てが本当に幸せな結末で心が本当に穏やかになりました。
    葉羽は死んでしまったのだと思っていたし、まさか大人になって悠斗のおくさんになってたなんて。本当に微笑ましかったです。冒頭の部分が悠斗の子供だったことにも驚きでした。
    「あー、そーゆーことか」って。指が止まらず、気づけば一瞬で読み終わっていました。とても面白かったです。ありがとうございました。

    悠木夏恋   2019/04/10 19:45

    読んで下さってありがとうございます。嬉しいお言葉を頂き、面白かったと思ってもらえるのは作者冥利につきます。
    スタ文大賞の締め切りが迫るときに、必死で仕上げてギリギリに応募したので読み返すと誤字脱字とかいっぱいありましてお恥ずかしく、その後本になりましたので書き直すこともしてないんです。荒削りで申し訳なかったですが、それでも楽しんで頂けてよかったです。
    パズルのピースがはまっていくような作風を他にも載せてますのでよかったらそちらもよろしくお願いします。
    ご感想を頂戴して本当に嬉しいです。ありがとうございました。

    作者からの返信 2019/04/11 03:04

  • はじめまして。「トゲトゲじかけのサボテンは優しく君をハグしたい」を全部見ました!
    奇跡をテーマにした物語がなかなか良く、一気見しました!ラストが感動しました!
    自分も、頑張ってこんな作品を書いてみたいと思いました!!(ちなみに今野いちごにある作品はまだ一つだけです……しかもまだ途中)
    本になるのを待ってます!!

    益木永   2018/11/11 14:28

    はじめまして。読んで下さってありがとうございます。嬉しくなるご感想を頂けて、顔がほころびます。
    今改稿作業中で、読み返すと誤字脱字と恥ずかしいのですが、本になるときには、新しいシーンや、ところどころ書き直した展開もあり、さらに物語りは奥行きが深まって生まれ変わってると思います。楽しみにして頂けると幸いです。
    物語は自分にしかかけない素晴らしいものがあって、書きたいと思う気持ちがそれを引き出すんだと思います。ぜひ素晴らしい作品を作って下さいね。頑張れ~~
    ご感想、本当にありがとうございました。

    作者からの返信 2018/11/12 03:00

  • 改めて読み返してみましたけど、やっぱりいいですねぇ。
    他の作品も読ませて頂きました!
    1番好きだったのは『毛づくろう猫の道しるべ』でした!
    ファンポチしました~。
    もしよければ、私の作品も読んでみてください!
    1番頑張ったのは『キミは、私の太陽。』です。
    あと、今作成中の『キミの声を、聞かせてよ。』を読んでもらえると嬉しいです!
    楽しい小説を、ありがとうございました!

    柏木れもん   2018/09/25 20:56

    再読ありがとうございます。
    他作品までも読んで頂いて恐縮です。
    お世話になりっ放しで、皆さんの作品も読まないとと思っておりました。
    ご紹介頂いたので『キミは、私の太陽。』を拝見させて頂きました。
    お時間は掛かられたみたいですが、楽しんで書かれているのが伝わってきました。
    私、たまにイラストを趣味で書くんですが、こういうキャラクターはこんな感じかなとイメージしました。
    長編書くのは大変ですよね。
    自分が作ったお気に入りのキャラクターをくっつけたり喧嘩させたりって、書きながらドキドキしたり、こういう瑞々しさは若い人にしか書けないものがあるので、好きなもの沢山創作してくださいね。
    こちらこそ、何度もありがとうございました。

    作者からの返信 2018/09/26 09:03

  • 大賞おめでとうございます!

    本当に、この作品は好きなので、自分自身もうれしかったです。

    題名を見て、なんか楽しそうだなぁ。って思って読んでいたら、本当に大好きな作品になりました。

    出来れば、この小説も買いたいなって思いました。

    本当に、いい作品をありがとうございました!

    柏木れもん   2018/09/24 16:32

    読んでもらえることも少ない方ですし、感想を戴けることも私にとってはすごいことですが、こうやってお祝いのお言葉を頂き、一緒になって喜んで下さるなんてものすごく嬉しいです。
    大好きと言って頂けるなんて光栄です。
    大賞に選んで頂けた事も未だに信じられないのですが、読んで下さった方からのお声を頂けるとこの影響の大きさに改めて驚いてしまいます。
    本当にありがとうございます。
    (なんか泣いてしまいそうです。うるうる)

    作者からの返信 2018/09/25 03:10

  • こんにちは。初めて「野いちご」に登録させてもらって、初めて読ませていただいた作品でした☺
    大賞受賞おめでとうございます☺💕
    ファンタジックでどことなくノスタルジックで、ズンズン引き込まれる魅力あるお話でした。
    あれ?と思えるような、ストーリーのスライドは本当にスゴいなぁと思います。「あれ?主人公は誰だっけ?」みたいなストーリー展開がこの物語の一番面白かったところです。
    もちろん、悠斗と葉羽ちゃんのやりとりや、悠斗の心理描写もよかったです。独特な言い回しや、登場人物の容姿や人柄まで目に浮かぶような描写も、まるで「文字を読みながらアニメを見ている」ような感じがして、楽しかったです☺
    今後も楽しい作品を書いて下さいね☺
    私もファン登録させていただきます。
    大賞受賞、ほんとうにおめでとうございました😊

    lindalin   2018/09/23 09:56

    ご丁寧に読んで下さり、また嬉しくなるようなご感想を戴いて恐縮します。
    こちらに登録されて、初めてご覧いただいて光栄です。
    お祝いの言葉も頂戴し、本当にありがとうございます。
    設定上、重くなる部分があったと思いますが、楽しんで頂けてよかったです。
    今後とも精進できるように頑張れたらと思います。
    温かなお言葉を頂けて本当に嬉しい限りです。
    ありがとうございました。

    作者からの返信 2018/09/24 02:26