ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

エレベーターでお餅

作品番号
1505767

最終更新日
2018/5/24

エレベーターでお餅

真崎優/著 ジャンル/恋愛(オフィスラブ)
9ページ
PV数/28,243・総文字数/9,693


六年に及ぶ片想いの末、会社の同期で同じ部署の二階堂敦貴と付き合い始めたのは、今年の三月のことだった。

バレンタインデーの夜、二階堂から出張土産のチョコ菓子をもらって、「おまえがほしい」と告白されて。それから一ヶ月間の、交際を前提にしたお友だち期間を経て、ホワイトデーに正式にお付き合いを始めた。の、だけれど……。

お互い出張や外回りが多い営業部に所属していて、仕事中には顔を合わせない。加えて二階堂は毎日誰かから誘いを受ける人気者。誘いも決して断らないという情に厚い性格だから、この二ヶ月、わたしたちは恋人らしいことも、むしろ顔を合わせることもほとんどないまま、なんだかもやっとした気持ちを抱えながら過ごしていた。



―――――――――――――――


五月二十三日、キスの日記念!


「片想いウイルス(短編集)内
「バレンタインにお餅」の続編です。

が。前作を読んでいなくても問題ありません。



小説を読む