ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

月夜の涙

作品番号
1444355

最終更新日
2018/2/19

月夜の涙

清中 灰音/著 ジャンル/恋愛(純愛)
24ページ
PV数/180・総文字数/62,580

もし、前世…もっと前かもしれない世で恋に落ちた相手と逢えるなら。私はその人だとわかるのだろうか。私はその人だとわかったとしても、なんて言うんだろうか。「今が大切、だから私達は関係ない赤の他人でしょ。」「今でも愛してます。」「私のこと、覚えてる?」それとも、何も言わないのだろうか。


私に教えてください。あなたはどうしますか?


*私の事情から半年ほど掲載をすることができません。解消されたらまたどんどんと掲載していきます。物語の結末を予想して見てください。


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む