ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

たとえ声にならなくても、君への想いを叫ぶ。
書籍化作品

作品番号
1317721

最終更新日
2017/8/31

たとえ声にならなくても、君への想いを叫ぶ。

小春りん(Link)/著 ジャンル/恋愛(純愛)
493ページ
PV数/26,952,650・総文字数/187,309

 


「キミの声、俺にはちゃんと聞こえたよ」



まるで花に止まる蝶のように
優しく笑う、あなたとの軌跡



(……ねぇ、先輩)



たとえ声に出せなくたって

伝えられる愛のカタチが
ここにはあった

*



.

:+* ゚ ゜゚ *+:

声を失った少女と
医者を目指す先輩の
淡く切ない恋物語

*:.。..。.:*




原題:最大級の愛を、君に贈る。


★2016年9月25日に単行本で書籍化
☆2022年5月25日に文庫化
(文庫版には書き下ろし番外編収録)


●本編以外のショートストーリーは
ファン登録していただくと
読むことができます


 

好評発売中

あらすじを見る
失声症の栞は、電車で困っているところを他校のイケメンな先輩・樹生に助けてもらう。【声は出ませんが、耳は聞こえます】文字でのやり取りでふたりの距離は縮まり、樹生は心優しくも芯の強い栞に次第に惹かれていく。一方栞は、過去の出来事に苦しんでいる自分を受け止めてくれた樹生の優しさに心動かされ…。「これからも一緒にいてほしい。できれば一生」筆談から始まる、ピュアで切ない恋物語に涙&きゅんが止まらない!2500万PV越えの大人気作ついに文庫化。

小説を読む