ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

朔旦冬至 さくたんとうじ ~恋愛日和~

作品番号
1232161

最終更新日
2016/8/28

朔旦冬至 さくたんとうじ ~恋愛日和~

marin.m/著 ジャンル/恋愛(純愛)
154ページ
PV数/110,308・総文字数/245,085

昔の中国や日本では
冬至の日を
「太陽が復活する
 1年の始まりの日」と考えた。

一方,
「朔旦(さくたん)」とは,
満ち欠けを繰り返す月が
最も欠けている新月の日,
つまり「月が復活する日」。

「朔旦冬至
(さくたんとうじ)」とは,
19年に1度しかない
月と太陽の復活が重なる日。

2つの自然の「光」が
ダブルでパワーを増していく,
そのスタートラインの日。


小説を読む