ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

カラダ探し~最終夜~
書籍化作品

作品番号
1134923

最終更新日
2014/12/27

カラダ探し~最終夜~

ウェルザード/著 ジャンル/ホラー・オカルト
576ページ
PV数/32,843,844・総文字数/285,156

-------------------------

2014年12月25日

大人気シリーズついについに完結!?

赤い人の謎が解き明かされる!!

ケータイ小説文庫
ブラックレーベルより書籍化


2014年11月25日~毎週火曜・木曜、更新!

-------------------------

「カラダ探し」は少女の呪い。
「カラダ探し」に翻弄されたふたりの少女の目には、この世界はどう映るのか。
ヒビ割れた世界で、明日香は思う。
皆と一緒に呪いを解くと。
それを知らない遥は思う。
こんな世界、壊れてしまえばいいと。
そしてまた始まる、繰り返される今日。

・「赤い人」は放課後の校舎に現れる。
・「赤い人」はひとりになった生徒の前に現れる。
・「赤い人」を見た者は、校門を出るまで決して振り返ってはならない。
・振り返った者は、身体を8つに分けられ、校舎に隠される。
・「赤い人」に殺された生徒は、翌日皆の前に現れて、「カラダを探して」と言う。
・「カラダ探し」を拒否する事はできない。
・「カラダ探し」の最中にも、「赤い人」は現れる。
・「カラダ探し」は身体を見つけるまで行われる。
・「カラダ探し」では死んでも死ねない。
・「赤い人」は歌を唄う。
・「赤い人」に追いつかれたら、背中にしがみつかれる。そして、歌を唄い終わったら、殺される。

好評発売中

あらすじを見る
美雪が棺桶に入って数日。明日香の前に、クラスメイトの幸恵が「カラダを探して」と現れる。他のメンバーと共に、夜の校舎でカラダを探すことになった明日香。赤い人の呪いを探るべく、廃墟となった小野山家に再び足を踏み入れる。呪いの真実が明らかになっていく中、今度は“黒くて恐い人”が現れて…!?超話題シリーズ、待望の完結編!

小説を読む