ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 校舎裏

    「…先輩、やっぱりここにいましたか」
    「…あ、菜々ちゃん」
    「先生が呼んでましたよ」
    「えー…」

    いつも校舎裏で寝ている佑先輩。
    とってもカッコよくて頭も良くて、サッカーも上手くて、何でもできる完璧な人。
    私の大好きな人。

    「今は先生より、菜々ちゃんと過ごしたいかな」
    「ーーっ。ふ、ふえ?」

    私…と?
    佑先輩が、私なんかと?

    「ふふ、冗談。テンパっちゃって可愛いね」
    「あ…」

    じょ、冗談か…。
    そりゃそうだよね。
    こんな私なんかを相手にするはずないもんね…。

    「ほら、おいで菜々ちゃん」
    「え…」

    そう言って佑先輩がさしたのは、先輩の膝の上。
    …乗れってこと!?

    「無理です恐れ多いです!」
    「何で?ほら、来て」
    「あう…」

    これは、夢…?

    「…菜々ちゃん泣いてない?」
    「か、感動のあまり…」
    「…本当に可愛いね」

    先輩は私の頭を優しく撫でてきた。
    …好きです、先輩。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 体育祭
    • グラウンド
    • 手をギュっ

    ただいま、心が曇天です。空は晴れてるけど。はい。

    なんでかって言うと、徒競走で、見事にビリ。

    はぁ…

    あ、次の組のビリは莉里だ。

    でも、いつまでたっても莉里は来ない。

    ん?

    流星、そこ5位!!

    ってか審判だったんだ。

    「流星、こっち!」

    早く連れ戻さなきゃって思って何も考えずに流星の手を掴んだ。

    それがいけなかったみたい。

    「あ、そっちか!」

    すぐに来てくれた。

    莉里も、流石早い。

    すぐ、私の隣に並んだ。

    だけど。

    「…手」

    私、手を離してなかったみたい。

    「あ、ごめん!!」

    「大丈夫」

    なんか素っ気ないな…

    顔も赤いし…

    あ、もしかして熱ある?!

    『退場します。立ってください』

    退場しなきゃ。

    大丈夫かな。

    あれ、私も流星の熱移った?

    頰が熱い…

    しかも胸がギュってなるし、心臓が早い…

    なんで…?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 体育祭
    • 応援席
    • 笑顔

    「次、リレーじゃん!!颯、行くよ!」

    明梨ちゃんが颯の手を掴んで立ち上がる。

    あぁ、胸が痛い。

    諦めたつもりなんだけどな…

    「オッケー」

    明梨ちゃんと颯、付き合うのかな。

    諦めたんだから、そんなの関係ないか。

    でも、応援くらい、してもいいよね?

    友達でもすることだし。

    ほら、勇気出すんだ!!

    「そ、颯、リレー頑張ってね。応援してるから!」

    言えた。

    勇気、出せた。

    「おー。頑張る」

    颯は太陽みたいな笑顔で笑う。

    _ドキ

    ダメか…

    やっぱり好き。

    どうしようもなく、颯が好き…

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

幸色 つづり

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:TKK(初回登録:2014/09/29)
  • 2:MONTH(変更1回目:2015/02/09)
  • 3:Earl Grey(変更2回目:2015/03/28)
  • 4:幸色 つづり(変更3回目:2016/06/03)

【会員番号】700745

【性別】ついてないです!

【誕生日】エメラルド

【自己紹介】いらっしゃいまし
幸色(ユキイロ)つづり(綴り)と申します。

ファン登録して頂いた方
作品をお読みくださった方々へ
誠にありがとうございます\(^^)/
2018年も宜しく御願い致します☆
※ ほぼ書き専です。

2018/2/2 新作【紡げぬ想いを永遠に】を公開しました。

【生まれたところ】小さな港町

【血液型】AB

【身長】百五十五

【体重】え?

【握力】林檎を潰す力はありませぬ

【髪型】ショート

【趣味】カラオケ

【特技】ブリッチ

【性格】馬鹿で人懐っこくてやっぱり馬鹿、面倒臭がり

【持っている資格】生きる資格

【好きな言葉】唯一無二

【将来の夢】子供の頃→武士 忍者 殿様…になりたいと思ってました

【好きな男性のタイプ】黒髪 クール 無口 無愛想 ミステリアス 鬼っぽい人 可愛い人

【みんなから○○と呼ばれている】何故か変態と呼ばれています

【よく遊ぶところ】愛娘と公園

【好きな食べ物】わらび餅 みたらし団子 黒糖饅頭 大福 お萩 桜餅 鯛焼き 果物

【嫌いな食べ物】辛い物全般

【好きな教科】歴史 体育

【嫌いな教科】数学 理科 英語

【好きな映画】時代劇*童話*歪童話*神話*ジブリ*ディズニー*ファンタジー系

【好きな音楽】BUMP OF CHICKEN

【好きなキャラクター】モンチッチ

【好きな場所】函館

【好きな人の名前】秘密

【好きな季節】春秋冬

【とっておきの時間の過ごし方】妄想 小説

【手放せないもの】家族&スマホ

【マイブーム】小説

【今一番欲しいもの】一人の時間

【今一番行きたいところ】京都

【今一番やりたいこと】書き綴りたい

【最近感動したこと】娘の成長

【最近恥ずかしかったこと】社会の窓が全開

【生まれ変わったら?】美少女になりたい

【地球があと24時間しかなかったら?】困る!

【1億円あったらどうする?】家建てて旅行行って貯金

【今までの人生で素敵な思い出】人との出会い

【癒されること】娘と映画観ながら和菓子食べてる時

【誰にも言えない秘密の話】言えないよ!?

【誰かこんな小説書いて!】伊達政宗の祖父母のお話

【1日だけ透明人間になったら何をする?】ごめん悪い事しちゃうかも…

【今まで生きてきて一番痛かったこと】事故

▲