プロフィール

蜘蛛谷レンズ
【会員番号】92002
東京のとある場所で
田中くんがアイスを食べながら
じゃんけんをしている時、
洗濯に夢中なジョニーのもとには
神風が吹いていた。
その一方、酔っぱらったボーイにむかって
サンタさんはモニカをDJリクエストしたが
運ばれてきたものは、なぜだかとても
スペア的なリブ肉だった。
それら全ては、使命を全うしようとする
男達の物語であった。
おお神よ!ヴェダ様よ!


要約するとこんなことばかり考えている。

公開リスト一覧

公開されているリストはありません。

レビュー一覧

★★★★★
2010/04/09 20:50
誰もが皆エゴイストだから

本当は誰にも読ませたくない。 そんな独占欲さえ生まれる物語。 それが私のエゴイズム。 セピア色の中に溶け込んだ鮮やかな表現。 モノクロームの中に浮かび上がる滲み出す原色。 静かに奏でる音楽のように心に響き渡る描写。 全て自分だけの宝箱にしまってしまいたい。 心の色は時に澱み、澱を沈ませるけれど、撹拌されるとともに鮮やかな混ざり合う特色も併せ持つことさえ可能であると思わせる。 上澄みだけを綺麗と思わせることは簡単に出来るかもしれない。けれど、この物語は違う。 全てが混ざり合う、その意味がバランスを整え、人間を映し出す。 人は皆、エゴイストなのだから。 きっと貴方も……

続きを見る
★★★★★
2010/01/25 20:36
夢の共演!!

シリーズ『隊長!』 それに惹き付けられた素敵作家様たちを更に魅了する、まさに夢の共演!! 各作家様たちのキャラを存分に活かすには、やはりそれだけ読み込んでいるということを忘れてはいけない。 出演させていただきながら、一番に感じたこと。 それは、 『読むというより、読まれている』←いろんな意味でコワイ! それだけにこの物語は様々な角度から面白いと云えるのです。 シリーズを知らない方にも楽しめる技法! 恐るべし作者! 一度、隊長に出会ったら脱け出せないのであります。 是非、アナタも(ニンマリ)

続きを見る
★★★★★
2009/09/07 23:08
譲れないもの。

望んだ場所に立っているハズなのに…… 望んだものから離れてゆく。 何故なら、音楽は嘘がつけないから。 バンドが抱える様々な問題は音になって隠すことなど出来やしないから。 そんな彼らを掻き回す人物や掻き乱される気持ちはすべてが同じベクトルを持っていて、踏み出す時を待っていた。 譲れないものがある限り、彼らに妥協なんかいらない。 音楽を愛する者達の不器用で熱い、それぞれの想いが詰まった傑作! 前作とは、また一味違った音楽魂の旋律に魅了されること間違いなし!! このメロディを文字に換える作者の巧妙さ。 何ひとつ 後悔はさせないぜっ!

続きを見る
★★★★★
2009/08/26 22:56
体感せよ!

エピローグから始まる、じわじわとした予感。 そんな予感ほど、よく当たると云うではないか。 テンポ良く進むシナリオは、まるで自分が体感しているかの如く。 何かが迫る。 何かがおかしい。 最後に頼れるのは、自分しかいないのか? そんなドキドキとワクワクに急かされるようにページを捲れば、既に知っていたハズのエピローグに辿り着く。 暗躍していたのは、誰だ? そうだ…… 作者の掌の上で転がされていたんだ…… 気付くと気付かまいと、どちらにしてもエピローグから始まっていたんだ。 コンプリートするまでセーブも出来ない物語はページを捲って、体感する他ないのだから。

続きを見る
★★★★★
2009/07/07 22:11
あり得ないなんてあり得ない!!

♪行っけ〜 行っけ〜 我らが 隊長〜ォオ! どっこまでもぉ〜 使命に燃っえるぅ〜 熱き情熱ぅ〜 輝〜け ロマ〜ン 宇っ宙の果てまっで 飛んでゆけ〜 あっかるい未来へ 飛んでゆけ〜 隊長〜ォオ 隊長〜ォオ ハイパー 隊長〜ォオ♪ (語り) 隊長の辞書に不可能の文字はない。 ありとあらゆる困難を切り拓くのは、彼が隊長だからだ! それが隊長。 故に隊長。 生まれもっての隊長。 いつ如何なる時でも隊長。 これまでも、そしてこれからも。 そう! 隊長がいる限り、明るい明日はやってくる! ありがとうぉぉぉおお 隊長〜ォオ! ※思わず歌いたくなるよな傑作です。 !!※!! 作者様のご厚意により、本編挿入歌採用!! 作者様のエンタメ魂に熱く!御礼申し上げますm(__)m

続きを見る

好きな作家

  • 嗚呼、みんな素敵過ぎるぜぃ。ありがとう!!!
pagetop