プロフィール

はづきこおり
【会員番号】142906
まったり活動中です

公開リスト一覧

公開されているリストはありません。

レビュー一覧

★★★★★
2016/09/13 22:57
ネタバレ
深い闇にのまれないように精いっぱいだった

レビューを見る
★★★★★
2015/11/09 12:56
ネタバレ
陽鶴の強さ

レビューを見る
★★★★★
2015/11/06 18:12
予測不可能な秘色色の日々

『制服を着て、私たちは毎日、戦っている』 クーデターと表紙の言葉から勝手に『ヒエラルキー最下層軍』が理不尽なピラミッド構造をぶち壊すお話を想像したけど、そんな単純な話ではありませんでした。さすが作者様。 日常をぶっ壊そうと声をあげた反乱軍に、どういうわけか上位層の人まで参加…!? 予測のつかない展開にぐいぐい引き込まれて、登場人物たちの切実な声にグサグサ胸をえぐられました。 見るもの触れるものすべてが鋭く心に迫る、剥き出しの彼女たち。 友達や、親や、自分と、向き合うことが、どれだけ怖いか。 声に出すこと、耳を傾けることが、どれだけ大切か。 変わらないかもしれない。でも、踏み出すことに意味がある。 心に、晴れ渡る空。 秘色色(ひそくいろ)、素敵でした。

続きを見る
★★★★★
2015/05/20 21:42
絶品!!

クリスマスの夜、恋人に裏切られ寒空の下に放り出された白路は、とある小料理屋に辿り着き―― タイトルが秀逸なので若干ハードなお話なのかしら…と少しドキドキしながら読み始めたら、あったかくて優しくて、この上なく愛しい物語でした! 美しい文章とどうなるの?な展開で気が付けば一気読み。 悪役が素敵に突き抜けているのでその分主人公はつらい境遇に立たされますが、季節に絡めた美味しそうなお料理と主人公の明るくまっすぐな人柄で、作品全体がとても温かい。 小料理屋で出会うふたりの男性がまた魅力的! 女嫌いで口の悪い梅之介の辛辣さと、小料理屋主人である眞人の甘さのバランス。 テンポのいい会話も楽しく、漂う和の雰囲気も物語を一層素敵にしていると思いました。 登場人物たちの息遣いを感じられそうな物語。 冷たい雪空から柔らかな桜空へと至る彼らの軌跡を、是非体感して頂きたいです。

続きを見る
★★★★★
2014/10/10 16:40
ネタバレ
おおきな愛のはなし

レビューを見る

好きな作家

    登録されていません。
pagetop