ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年06月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    今日はバレンタイン。


    雅のためにチョコを作ってきた私は、放課後の教室に彼を呼び出す。


    「どうした?急に呼び出して。」


    「あ、や、あの……」


    でも、目の前にすると、うまく喋れない私。

    そんな私にしびれを切らしたのか、


    「用ないなら帰るぞ。」


    そう言って教室を出ていこうとする。


    言わなくちゃ……



    そう思っても、中々声にならない。そうしていくうちに、どんどん雅は離れていく。


    彼がドアに手をかけた時、私は咄嗟に彼の腕を掴む。けれど、雅は振り向いてはくれない。



    それでも私は話しかける。



    「チョコ、作ってきた。……食べてよ。」


    ちゃんと言えた……!


    心の中で喜んでいると、雅は急に振り返り、


    「フッ……やっと言った。」



    口角を上げて意地悪そうに言う。そして彼は、


    「俺からもやるよ。」



    と言って、私に甘いキスをしてきた────

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    今日はバレンタイン。



    「なあ、急に呼び出してどうしたんだ?」



    『いや、あ、の……。』



    やっぱり本人を目の前にすると、うまく喋れない。



    「用ないなら帰るぞ。」



    中々喋らない私にしびれを切らしたのか、教室を出ていこうとする雅。



    このままじゃ、渡せない……。



    彼の背中を見つめるも、止まってくれるわけも無くどんどんとドアに近づいていく。



    『……ま、まって!』



    咄嗟に彼の腕を掴んだものの、振り返ってはくれない。



    ……ここで負けちゃダメだ。



    『……チョコ、作ってきた。……食べてよ、雅。』



    やっと言えた……。



    と思ったら、雅が突然振り返って、抱き締めてくる。



    「フッ……やっと言った。」



    雅は鼻で笑ったあと、口角を上げて意地悪そうに私を見る。



    「俺もやるよ。」



    そう言って、雅は私に甘いキスをした─────

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    なんだかんだ言って思い出してしまうあの頃。
    楽しくて、毎日勉強はダルかっけど好きな人と会えるのは嬉しかったし、話せると時間が立つのが早い。
    みんなはどうかわからないけど私は、

    会えなくても、

    忘れられてても、

    相手に彼女ができちゃっても、

    好きじゃなくなる、ましてや、嫌いになれたり忘れたりでかないのだ。

    漫画みたいに振られたら他の人から告られた!みたいな展開もないし、

    他に移ることが困難。

    どーやってあきらめたらいい?

    君にとって私はただの同級生でしかない?




    あなたの本音を聞きたい。


    そんなことを考える授業中。
    授業中って結構暇で、こんなことを考えて、私バカだなーとか思うんだよね。

    一度だけ「めい」って呼ばれて、すっごい嬉しかったのを覚えてる。
    その日から諦めるなんて選択肢はどこか行ってしまった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

in the クローゼットのレビュー一覧

平均評価星数 ★★★★★

★★★★★

女の子に恋する彼女と、男の子に恋する彼。
親友である女の子に恋…

(2015/10/22/15:16)

★★★★★

様々な愛
偏見がありがちな同性…

(2014/02/09/18:26)

★★★★★

胸が痛い
好きにはたくさんの種…

(2013/06/20/17:37)

★★★★★

in the クローゼット
まるで、青くて繊細な…

(2013/04/22/00:45)

★★★★★

ネタバレ

(2013/04/17/06:39)

★★★★★

切ない
読んでいて、どうにも…

(2013/02/19/22:27)

▲