ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生

    中学1年のとき心から愛してた人がいた
    その人は途中でぐれちゃったけど
    私から振っちゃったけど卒業の前電話してその電話越しに君は太陽みたいに明るい声で好きで居させてくれてありがとうと言ってくれた
    今でも君を愛している私はおかしいですか?
    会えなくても好きだと心から言えるのはいい事ですか?
    今もし会えるのなら伝えたい
    君が好きだと愛していると
    叫んでも叫んでもたりないくらいに

    開く閉じる

    • 同級生

    結婚を間近にひかえた主人公“優香”。


    久しぶりに帰った実家で、過去においてきてしまった約束を見つける。



    行く先は過去か未来か…


    それとも−



    *少し大人向けのお話です*

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 生徒会室
    • ハグ

    「わー!すごい降ってきましたね」
    「これじゃ、帰れないね」
    生徒会室の中によく響く、窓に打ち付ける雨音。
    一瞬、薄暗い室内を眩しく照らす稲光。バサリ、と大きな音がして我に返る。
    「大丈夫ですか?」
    そう、後輩の柚木くんは心配しながらも私が落としてしまった書類を手早く拾ってくれる。
    「ありがとう。柚木くんはやさしいね」
    「先輩⋯」
    柚木くんの声に顔を上げた瞬間、また窓の外が光った。
    「きゃ!」
    「雷、怖いんですか?」
    慌てて否定しようとしたあたしの口を塞ぐように、カミナリが唸る。
    「ふふ⋯大丈夫ですよ」
    「え?」
    「先輩は僕が守るんで」
    ギュッと強く柚木くんに抱きしめられた。目の前には、もう彼しか見えない。
    「ありがとう」
    「あーあ、このままずっと雨も雷も止まなければ、朝まで。いや、一生⋯先輩と一緒に過ごせるのに」
    耳元でそんな柚木くんの声が聞こえたと同時に、私の胸がドキンとうるさく鳴った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

天使のアリア––翼の記憶–– (神立まお/著)

  • 月岡海音さま

    こんばんは!
    完結してから2年になるこの作品に感想をくださってありがとうございます!

    なんと、魔女っ子も読んでくださったのですね!すごく嬉しいです*魔女っ子の世界を好きになってもらえた方に出会えてとても幸せです!

    藍羅はほんっとうに鈍感でしたね、、由良以上に鈍感だと思われます。作者である私も「さっさと気づけ…!気づいてくれ…!頼む!」と何度も思いました笑 そう思う度に、だからこそ彼女が自分の気持ちに気づく場面、気持ちを伝える場面は特に大切に描こうとしました。それが伝わったようで、頑張りが報われた気持ちがしています…!

    月子のウサギに対する気持ち!そうなんです、この作品はたくさんの要素が盛り込まれているのですが、何を一番書きたかったって、月子の気づけなかった恋心だったんです!自分の中にある曖昧な気持ちに名前をつけられなくて、だけど気づいたときにはすでに手遅れで…という切なすぎる気持ちがきっとこの物語の中心だろうと思います。わああ、月子の気持ちに焦点を当ててくださって本当に嬉しいです!

    この物語には由良は直接登場していませんが、だからこそ由良ならどうする?どう行動する?と魔女っ子の時以上に由良のことを考えながら書いていました。由良も藍羅のように天然なところがありますが、当主として頑張ってくれています。
    北斗や七星がこの世界に来る前日談は、魔女っ子の番外集の最後に書いていますので、良かったらそちらもぜひ*

    私の作品をとても好きになってもらえたようで、さらにはすごく感動もしていただけたようですごく嬉しいです。勿体ないくらいの嬉しい言葉の数々に私も泣いてしまいそうです…!
    けれどまだまだだなあと思うところだらけなので精進していきます!お互い頑張りましょう!

    長々とお返事してしまってごめんなさい…!
    こちらこそ本当にありがとうございました!

    神立まお   2017/12/28 01:19

  • こんばんは、神立まお様。
    この作品が出てから2年ほど経ってしまっていますが、是非感想を残させて頂きたいと思い書いています。

    私が神立まお様の作品で初めて読んだものが魔女っ子でした。それを読んで、最高のあまり、涙がでてきました。

    この、天使のアリアー翼の記憶ーは全てが最高で…!私は、愛羅先輩がデューク先輩に告白した所で「やっと気づいた!」と思ってしまいました笑

    そして、愛羅先輩とのお別れの時。もう、涙が止まらなくて止まらなくて困りました。それと、その前の月子がウサギに対して気づいてしまった気持ち。その切なさのあまり、目から涙がポロポロと出てきました。

    そして、驚いたのが魔女っ子のキャラクターが出てきていることです。由良は、"ガーネット"のボスとして頑張っている感じも伝わってきました!とても、面白かったです!

    神立まお様の作品は最高です!天使とか神とかそういう領域を遥かに超えています!神立まお様の作品を読む度に涙が止まらなくなります!

    これからも、執筆頑張ってください!
    私も、神立まお様を見習い最高の作品を創り出していけるように精進して行きたいと思います!

    最高の作品をありがとうございました!

    島崎叶愛   2017/12/27 23:36

  • 春名さき様

    感想ノートへの書き込み、ありがとうございます!返事が遅くなってしまい申し訳ありません!

    この作品には要素を詰め込みすぎたなあと反省していませしたが、面白かったと言っていただけて良かったです!ちょっと安心しました!
    描写が!脳内で流れる映像を必死に書き留めたのですが、それがさきさんまで伝わって本当に嬉しいです(;_;)
    藍羅の歌声や月子のピアノのところは特に表現する言葉ひとつひとつにこだわっていたので、さきさんの記憶に残るような場面になって、頑張ってよかったとしみじみ思います…!
    魔女っ子のキャラを出すとき私もニヤニヤしていました笑 大人になった彼らはどういう感じなんだろう?と想像するのも楽しかったです*
    また、魔女っ子で学んだバトルシーンの書き方をこちらで生かすことができました…!臨場感のある場面になったようでほっとしてます…!でももっともっと上手に描きたいです…!すごいだなんて!嬉しいお言葉をありがとうございます!

    私の妄想を好きだと言ってもらえてもう本当に嬉しいです!創作意欲がぐぐっと増します!おかげさまでメリー*メリーも書きあがりました!

    さきさんの応援を胸に、これからも頑張ります!ありがとうございました!

    神立まお   2016/08/13 14:16

  • 神立さん、こんにちは。
    この作品は拝読してから少し時間が経ってしまっているのですが、感想を残させていただきたいなと思い、今更ながら書き込ませていただきます(*^^*)

    恋愛も友情も家族も、他にも沢山の要素が詰め込まれていてとってもおもしろかったです!
    描写がとってもお上手で、映像を見ているようだなあ…と思いながら読んでいたことを覚えています^^
    特に、月子ちゃんのピアノと藍羅先輩の歌声。こんなメロディーなのかな~とか、勝手に想像していました笑
    彼女たちの音楽、きっと素晴らしいんだろうな。是非聴いてみたいと思いました。
    そして、魔女っ子のキャラクターが出てきたところでは嬉しくてニヤニヤしてしまいました笑
    バトルシーンも魔女っ子同様、いや、それ以上に臨場感があって、もうすごいとしかいいようがなかったです。

    神立さんのファンタジー、本当に大好きです♡
    メリー*メリーも完結楽しみにしています!ご無理なさらず、これからも執筆頑張ってください!!

    春名さき   2016/06/18 12:06

  • 眞菜歌さま

    コメントありがとうございます*

    誤字してましたか!すいません、すぐに直してきます!教えてくださり、ありがとうございます!!!

    この作品をみなさまに受け入れてもらえるか、書いている最中も、完結させた後も、すごく不安でしたが、眞菜歌さまに何回も読んでもらって、それも楽しいなんて言っていただけて、もう本当に嬉しいです( ; ; )嬉しすぎて泣きます( ; ; )( ; ; )

    本当にありがとうございました!*

    神立まお   2015/05/02 08:40