ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • 登校中
    • 通学路
    • 頭ぽんぽん

    「キャー!見て!日向くんよ!!」

    !!!
    日向くんに登校中に会えるなんて!!今日の私ついてるかも!!

    ―ドサッ

    人の波に押され私は、転んでしまいました。やっぱりついてない。

    膝から血が…スカート汚したくないけど、今日に限って絆創膏忘れちゃったし…

    「ねぇ、キミ!どうしたの?膝から血が出てるけど…よかったら俺の絆創膏使う?」

    !?日向くん!!

    「い、いえ!大丈夫です!!学校も、もうすがだし!!保健室で手当してもらいます!!」

    「俺の膝の上に足乗せて?」

    「…失礼します」
    こんなの申し訳なさすぎる!!周りからの目線も痛いし…

    「そんなに周りからの目線が怖い?」

    「え!ご、ごめんなさい!」

    「謝らないで?俺の方こそごめんね。無理やり手当てしちゃって」

    「いや!!私の方が申し訳ないです!!」

    ―ポンッ
    「こんなに可愛い子が怪我してて、ほっとけないでしょ」

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 保健室

    だるい 体が重たく感じる 頭も痛い

    昼休み、私は保健室にいた。

    保健室の外は騒がしいのに、私だけが世界から切り離されたみたい。

    「はぁ…」

    「なに溜息ついてんの、葉月。」

    「うわっ、晶じゃん。なんでいるの?」

    「うわっ、ってひどくね?お前のこと心配してきたってのに。」

    「その心配はマネージャーの私でしょ?」

    「ま、それもあるかな。」

    そう、俳優の晶の心配は『マネージャー』の私であって、『葉月』じゃない。

    私は晶から体を背けた。

    「いーですよ、私はどーせ誰にも心配されないんだから。」

    「そんなこと、ないと思うけど?」

    ぎゅっ 晶の温かい体温が背中から伝わってくる。



    「俺は好きな女のことが心配で来たんだけど。」

    熱は当分体から離れてくれなさそうです。

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 教室

    常時メガネとマスク着用の陰キャな彼に近づく子はいなかった。私も含めて。

     でもあの夏の日――。

     忘れ物をして夕陽に染まった教室に戻った私は、一人机に突っ伏す彼を見つけた。
     この猛暑でもメガネとマスクをしたままで心配になった私は初めて彼に近づき。
    「睫毛長っ」
    「へ!?」
     飛び起きた彼の顔からメガネが外れ私の足元に落ちてきた。
    「やべ!」
     私はそれを拾い慌てた様子の彼に手渡す。
    「壊れてはいないみたいだけど」
    「あ、ありがとう。……驚かないんだ?」
    「睫毛が長くて驚いた」
    「そうじゃなくて」
    「え?」
    「……バレてないならいいんだ」
    「よくわからないけど、熱中症じゃなくて良かった」
     笑顔で言うと、彼の瞳が大きく見開かれた。


    「あれで俺は恋に落ちたんだ」
    「またその話。気付かなくてごめんね! どうせ疎いですよ」


     彼が実は超人気モデルだと知ったのは、その少し後のことだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

一瞬のヒカリ (高山/著)

感想どうぞ。フィクションです。

  • おー!山科さんまたもやマニアックな旧作にありがとうございます(^-^)

    生きてくって大変ですね。妄想想像を膨らませてくれたら嬉しいです。ありがとうございます(^-^)♪

    高山   2015/07/21 14:56

  • 赤井れのさんはじめまして。お名前は見かけて居ます。まさかこちらにレビューとは驚きましたがありがとうございます。嬉しいです(^_^)

    高山   2014/03/12 12:08

  • わお!yu.raさんではあーりませんか!驚きました。行かないとなと思いながらもごぶさたです。これはうけなくても良いと思い書いてます。

    コメディも僕なんですが、yu.raさん方のような文学系も好きなんです。それを僕が書くならこういう形になるという感じです。

    一つのスケッチ的な作品ですが、まさにyu.raさん達のような方に理解されて嬉しく思います。

    いやはやビックリです。読み逃げしないで下さいよ。ありがとうございます(^_^ゞとても嬉しく思います。

    高山   2014/01/26 23:31

  • 高山さんこんばんは。
    こちらには初めてお邪魔するかと思います。
    憶えてらっしゃるでしょうか…どきどき。

    小心者なのでいつもは読み逃げすることが多いのですが、あんまり素敵な作品だったので思わず感想を残したくなってしまいました。

    絶望の中に垣間見える、ヒカリ。それは微かで一瞬だったけれど、確かにヒカリだったのですね。
    闇が濃ければ濃いほど、それだけヒカリは輝いて見えるのか。…そんなことを思いました。

    素敵な作品をありがとうございます。

    ではでは。お邪魔致しました…。

    yu_ra   2014/01/26 23:18

  • オオー今ひかりちゃんの事を書いたんです。驚きました。

    これが良いと言う人少ない(笑)だけど良いかなですね。


    こんなにかっこよくないです。若いときは、よくやられてました(笑)ありがとうございます(^_^ゞ♪

    高山   2014/01/25 19:21