ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 頬キス

    「眠……」
    「先輩は勉強しすぎですよ」
    「君は眠くないの?」
    「私は授業中、寝てましたから」

    そんな彼に彼女は少し寝たら?と話した。

    「会議まで時間ありますよ」
    「そう?じゃあ、お言葉に甘えて……ZZZ」

    隣椅子に座って寝た彼の肩に彼女は膝掛けを掛けた。

    ……一人でこんなに資料を作って……

    苦労を感じた彼女はそっと立ち上がろうとした。


    「……美友さん」
    「え」

    名を呼ぶ寝言にドキとした彼女は顔を覗き込んだ。

    ……寝てる……よし!今!

    彼女は静かに彼の制服のポケットに赤包みを入れようとした。

    「こら」
    「きゃあ?」
    「……ひっかかった!」
    「え?起きてたんですか?」

    彼女の手首をつかんだ彼は嬉しそうだった。

    「だってこうしないと、くれなさそうだし」
    「でも、これ義理チョコですよ」
    「そんな事言うなよ……」

    そして頬にキスされた彼女は夕焼けよりも真っ赤になっていた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 隣から

    今日はバレンタインデー

    幼馴染みの蓮は毎年すごい量のチョコを貰ってる

    「先生。教科書忘れたので隣の人に見せてもらいます」

    彼は毎年バレンタインに教科書を忘れる

    「また忘れたの?」

    「うん、だから見せて」

    そう言って、彼は机をくっつけた

    でも、今までと違うのは机の下で手を繋いでいること

    「今年こそはチョコくれるよね?」

    チュッ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】

    「何だよこんなとこ呼び出して。ベタすぎ」

    2月の屋上は、やっぱり寒い。

    昼休みに入ってすぐ来たつもりだったけれど、先に来ていた彼の鼻は、ほんのり赤くなっていた。

    「ムードって大事でしょ?」

    付き合ってもう、半年になる。
    隣にいるのが当たり前で、どちらから告白するでもなく、恋人になっていた私たち。

    彼の隣に私以外がいるなんて考えられなかったし、私の隣に彼がいないことだって考えられなかった。

    「今日はバレンタインですね」

    好きと声に出して伝えたことは、1度もない。
    でも、今日は。

    「...そうですね」

    私の緊張を感じたのだろう。
    ふいと目をそらした彼が可愛くて、緊張がほぐれる。

    「...好きだよ。隣にいてくれてありがとう」

    緊張は、解けたはずだった。
    なのに声は震えてて、風は冷たいのに頬が熱い。

    チョコを受け取ってくれた彼が、照れくさそうに笑った。


    「俺も好きだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

神様なんて信じないっ!~イケメンと妖怪、召喚しちゃいました~ (真彩-mahya-/著)

完結しました(*^^*)

  • 夢幻キリコさん☆

    最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

    そうですね、ぷっちょり女子が痩せる話かと思ったら全然違う方向に行きましたね笑
    おっしゃるとおり、今見るとそんなに立てなくてもってくらいのフラグが……。
    最初からこうする予定だったんですよ。時代トリップで完全ハッピーエンドはないと昔から思ってて、四郎くんはこういうことになってしまいました。

    オロチもちょっと気の毒でしたね。いつか完全無欠の悪いやつも書いてみたい気がしますけど。

    お城が燃えるシーンは、私も書いてて切なかったです。
    天草四郎を純粋に信じていた人たちもいたのだろうと思うと、どうしても彼らを置いて四郎くんだけのほほんと幸せにすることができませんでした(´・ω・`)

    史実交じりのファンタジー、楽しいですよね~。
    いつかまたやりたいと思います。

    感想をくださり、ありがとうございました!!

    真彩-mahya-   2016/09/29 22:02

  • えりのすけえり太郎さん

    読んでくださり、ありがとうございます!
    歴史モノ、好きなんでまた書きたいんですけどねえ……←
    いつかまた書けたらいいなと思います(*'ω'*)

    真彩-mahya-   2016/08/29 22:45

  • とても、面白く感動的でした。
    また、歴史恋愛物を楽しみにしています。

    えりのすけえり太郎   2016/08/22 20:53

  • ☆莉乃★さん☆

    こんにちわ!読んでくださり、ありがとうございます!!

    あ、四郎くんの名前ですね~?
    答えは……

    すみません、ありません!!(ちーん)

    読者様に、色々と想像していただけたらと思って……

    莉乃さんが好きな名前で、今後の二人がどうなるか想像していただけたら嬉しいです。


    見習っていただけるような大層な者でもありませんが、そう言っていただけて嬉しいです。

    どうもありがとうございます!

    真彩-mahya-   2016/01/06 23:08

  • こんにちわ!とても面白かったです!
    …ところで一つ、教えてもらいたいものがあるのですが…


    新しく生まれ変わった四郎くんの名前はなんでしょうか??

    余りにも彼のことが気に入ってしまったもので…



    このような人を惹きつける作品をかけるのは素晴らしいことです。私も見習いたいと思います。
    ありがとうございました!

    ☆莉乃★   2016/01/05 19:18