ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 切ない【お題】

    今日は私の17回目の誕生日
    ·····そして、大好きな人とのお別れの日


    ピッピッピッピッ

    「満夜(まよ)、グスッなぁ逝かないでくれよ。俺、お前がいなくなったらどうすればいいんだよ」

    「ごめん...ね、海都。そん、なにッ...泣かないで。ゎたし、海都と入れて、幸せだっ、たよ」

    ごめんね海都。ずっと一緒にいられなくて。

    「満夜...俺もっ幸せだった!グスッ俺、満夜のこと支えてやれたかな?」

    「もちろん。」

    「私ね、海都の...お嫁さんになって...ゎたしたちの子どもと笑って生きるのが夢だったんだよ。でも...叶わなく、なっちゃったね」

    「俺もッ同じ夢、持ってるよ。そんなの、来世で叶えればいいじゃん」

    「そう、だね」

    「あぁ。約束だ」

    「約束、だよ!」

    「満夜、俺の彼女でいてくれてありがとう」

    ピーーーーー

    ·····ありがとう、海都。来世でまた逢おうね。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「帰るぞ」

    そう言って私の教室のドアに立っているのは幼馴染の京介だ。

    「今準備してるから待って」
    「美羽はいつも遅いなあ」

    とか言いつつ京介はいつも待ってくれる、そんな京介が好き。

    「…つか美羽好きな人いんの?」
    「え?!」

    なんでそんなこと聞いてくるの?普段恋話なんて一切しないのに、まさか私が好きなことがバレた…とか?
    だとしたら、京介はなんて言うのかな

    「いるって言ったら…?」
    「まじ?ならいっか」
    「なにが?」
    「俺、今好きな人いるんだけどその子が俺と美羽の関係気にしてたからさ、美羽に好きな人がいるなら、あっちも安心かなって」
    「あー…なるほど…」

    もしかしたらって思ってる自分がいたことに恥ずかし過ぎて、泣きそうになった。

    「まあ、俺たちただの幼馴染だし、心配されるようなことねえよな〜」

    こんな想いをするくらいなら幼馴染なんかになりたくなかったよ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「先輩来てるよ!」


    その声に窓からグランドを見下ろせば
    幼なじみのアイツが居た


    『俺、お前の事大事にしたいから』


    そう言ったのはあんたでしょ?



    人の気持ちも知らないで
    今日も違う女の子連れて
    そうやってまたカッコイイ姿をみせ付ける



    "ワタシダケヲミテ"


    そう言えたらどんなに楽だったのだろう




    近すぎて遠いこの距離に溢れていた想いは
    もう枯れ果ててしまったのだろうか?



    それでもアイツの笑顔が大好きだ




    甘い甘い恋人たちの歌・・・
    イヤホンから聴こえるラブソングに嫉妬して
    慌てて音を消したんだ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

偽装結婚の行方 (秋風月/著)

一言でもご感想をいただけると嬉しいです。必ずお返事します。

  • 阿川さん

    こんにちは。はじめまして。

    ホカホカしていただけましたか?
    ありがとうございます。

    サイドストーリーですか……
    そうですね、私も書いてみたい気がします。特に真琴ですね……

    彼女は10年もの間、涼のすぐ側にいて、ずっと彼を想っていました。しかし自分の立ち位置は親友でしかないと諦め、その想いをずっと封印していたのです。そして、その想いが実る事はなかったわけで、可哀想でした。私としては心残りでもあります。

    今すぐは無理ですが、いつか書いてみたいと思います。そして、彼女には新しい恋をさせてあげたいと思います。

    ご感想ありがとうございました。

    秋風月   2014/03/06 12:50

  • こんにちは~♪

    流れ流れてお邪魔しましたが…登場人物全てが優しい人達ばかりで…心がホカホカする作品、ありがとうございました♪


    希ちゃんのキョウダイ話や、阿部クン&真琴主役サイドストーリーなんか読めたら(≧∀≦)v

    話の神様が降りてきてくれる事を勝手にお祈りさせて下さい~(¯▽¯;)

    阿川   2014/03/06 12:10

  • 鳴瀬さん

    おはようございます。

    面白いですか?
    わあ……。ありがとうございます。
    そう言っていただけるとすごく嬉しいです。自分では面白いのかどうなのか、よく分からずに書いていて、どちらかと言えば後者かな、なんて思ってたりするので。

    私らしく……ですよね?
    色々工夫しようとするのですが、どうしても自分の感性から抜け出せそうもなくて、だったら開き直るしかないなと私も思っています。面白いかどうかは、単なる結果に過ぎないのかな、とも。

    もう一作、更新に苦労している作品がありますが、それとは別の新作の構想があります。一作ずつ完結させる主義ですが、そちらが気になるので、二作同時更新で行こうかなと思っています。

    暖かいお言葉ありがとうございました。
    (^_^)

    秋風月   2014/02/18 08:30

  • 秋風月 さん

    お返事ありがとうございます
    (^O^)/

    スランプですかー…
    分かる気がします
    展開を考えていくうちにややこしくなっていき、何だったっけ?というやつですね(笑)
    ありますあります

    でも作品を読ませていただいていると、そんな風には思いませんよ?
    とても面白いと思います

    秋風月さんらしくいけばいいと思います
    こちらの作品も、涼くんの葛藤がよく伝わってきてとても引き込まれました

    素敵だったと思います
    また、楽しい新作をお願いします
    p(^^)q

    鳴瀬菜々子   2014/02/18 00:32

  • 鳴瀬菜々子さん

    こんにちは。お久しぶりです。
    すっかりご無沙汰してすみません。このところ書くのも読むのも集中力が不足しています。いわゆるスランプが長らく続いているようです。

    私ごときの新作をチェックですか!?
    そんな、恐れ多いです……
    でも、ありがとうございます。

    スランプの原因を自分なりに考えてみたんですが、どうも考え過ぎがいけないように思います。以前は単純にハッピーエンドに向けて猪突猛進し、それが楽しかったのですが、今は一捻りあるいはふた捻りしないと納得出来ないような……

    それで話が面白くなるかと言うとそうでもなく、そう思うと筆も進まず……という悪循環に陥っているようです。

    愚痴ばかりですみません。鳴瀬さんのおかげで少し元気が出てきました。ありがとうございます。

    鳴瀬さんのますますのご活躍をお祈りしています。
    (^_^)

    秋風月   2014/02/16 09:58