ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 廊下
    • 告白

    「あ、先生、御機嫌よう~」
    「片桐、今どき御機嫌ようって、今度はウケ狙いか?」
    「違いますよー、たまには違う挨拶を考えてですね!」
     ふと俺は思った。今日は何かが違う。そのふざけた挨拶以外に・・・・・・そうだ、今日はいつもの好き好き攻撃が無い。
    「それでは先生また授業で」
    「おい、片桐・・・・・・、今日はどうしたんだ?」
     いつもと違うだけで調子が狂う。
    「へ? どうって普通ですよ?」
    「だから・・・・・・いつもみたいに好きって言ってこないのかよ」
     赤くなった顔を隠すように横を向いて言った。
    「そんなに毎日言ってないし、言いません!」
    「なんだよ・・・・・・つまんねぇの」
     俺はそうぽつりと呟いた。
     別に期待していた訳じゃない・・・・・・と思っていたのになぜだか心に穴を開けられた気分だ。
    「んーーーー、もうやっぱり先生好きです!」
    「あーーー、はいはい!」

    開く閉じる

    • 同級生

    やっと2人きりで帰れることができたのに…勇気が出ない。

    隣を歩く好きな人との距離、わずか3cm。

    伸ばしたらすぐ届きそうな手も、さっきから続いている沈黙も全てがもどかしい。

    「あのさ…」
    やっとの思いで口から出た声は想像以上に震えていた。

    「…なんでもない…」
    ああ、また…。いつもこの調子でいつまでたっても前に進まない。伝えなきゃ何も始まらないのに…。

    「危ない!!」
    突如、彼が大声を上げ、私を突き飛ばした。
    「った…」
    その時、私が目にした光景は…車と…彼と……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あれから5年。未だに忘れたことはない。
    あの時伝えていれば…。
    そんなこと考えたってもう遅い。
    彼はもう2度と戻らないのだから…。

    『勇気は一瞬 後悔は一生』

    皆さんは自分の想い、伝えていますか?

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日は生徒会で地元のお祭りに参加するために準備をしている。先生方の車を使い、資材を運ぶらしい。その話を小田先生に話した。小田先生は爽やかイケメンで、私の大好きな先生。すると、小田先生は少しげっそりした顔をしながら項垂れていた。そんな姿もきゅんとしてしまった。
    「まじかー…分かった。教えてくれてありがとうな~…」
    そう言って私は小田先生と別れた。教室へ戻るために廊下を歩いていると不意に小田先生に呼ばれた。振り替えるとタッタッタッと小走りですぐ近くまでやって来た。どうしたのかなと思うと
    「お前、今日は俺の車だからな?」
    と髪をくしゃっと撫でてくれた。それにドキドキしてしまった…。
    「えっ…は、はいっ!」
    一瞬戸惑ったけれど、すぐに返事をすると小田先生は満足した笑顔でもう一度頭を撫でて職員室へ戻っていった。
    …早く放課後にならないかな…
    撫でられた頭と顔が熱くなるのを感じながら教室へ戻った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

#1のユニフォーム (歩瀬ゆうな/著)

今回初めて企画小説に参加させていただきました。幼なじみの純愛(のつもり)… 感想いただけたら嬉しいです*

  • °.+*DEAR 雨音モナちゃん


    わーいっ‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››
    モナちゃんいらっしゃいです(●´ϖ`●)


    わわわっ、ホントに!?
    ちゃんと純愛になってるかものすごく不安だったんだよ(´・ω・`)

    大翔は(たぶん)初めて書くタイプの男の子だったから尚更…


    切ない感じ出せてましたか?安心です*


    ししし試合……っ

    あれホントに、なんかこう、もうちょっと躍動感溢れる描写に出来ないのかって
    自分の中では失敗した…って思った所
    だったんだけど…。

    モナちゃんにそう言っていただけて、
    本当に安心しましたーっε-(´∀`; )

    試合後そのまま告白しちゃえーいって
    思ったんだけど、大翔はそんなかっこいいこと出来ません。(笑)

    てか、普通なかなか出来ない


    おおおおぉおぉ(゚Д゚≡゚Д゚)!

    あゆを聴きながらも
    読んでくださったんですか…っ!

    うわあぁぁめちゃめちゃ嬉しい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ु⁾⁾

    私、CAROLSだいすきで、
    いつかこの曲をイメージした小説を
    書きたいなあって思ってたとこなの!


    だから、今回のこのモナちゃんの企画にはすっごくすっごく感謝してます!!


    そして、結子、大翔、
    春木くん、サツキちゃん、
    それぞれ見てくれたんだなあって
    すっごく嬉しいです(*´∀`*)


    そして、最後の言葉……っ。

    私には勿体無いくらいのお言葉です
    本当にありがとうございます!


    今回は本当に本当にありがとうでした!

    これからもお互い頑張りましょうね!
    そして、これからも仲良くしてください*

    長くなっちゃった(土下座)
    書き込みありがとうございました!

    歩瀬ゆうな   2013/12/14 12:24

  • ▼ 勇ちゃん


    |・ω・ )ひょこっ

    |・ω・ //)ぽっ

    こんにちわ〜!笑

    無事全部読み終わりました!
    いやあ、もう長くなりますが語るね!

    とにかく純愛でしたっ泣
    で、大翔くんのひたむきな姿がカッコよすぎて鼻血もんですよコレは!!

    最初は結子ちゃんと大翔くんがすれ違っていて読んでて切なかったけど、大翔くんの真っ直ぐな想いが中盤から後半にかけてどんどん加速していってるようでとにかくドキドキしたーっ照

    特に試合が…!

    分かりやすいし引き込まれるしページをめくる手が止まらないしで、心が忙しかった(◜▿‾ ≡‾▿◝)笑

    試合後に告白するのかな?って思っていたら照れて言えないって!! リアル感溢れてて逆に良かった!

    実際は確かに決意した通りにはいかないこともあるよね(*´ェ`*)

    一回全部読み終わってからもう一度、今度は浜崎あゆみさんの「motif song .. CAROLS」と一緒に読ませていただきました!

    曲を聴きながら読むとお腹の中から何かが込み上げてきて、本当に胸を打たれたよ( ;ω; )!



    結子ちゃん一緒の高校に
    行けて良かったね*

    大翔くん結子ちゃんを
    手離さないでねっ。

    春木くんホームランやったねー!

    サツキちゃん、頑張ってるの雨音は見てたよ!



    素晴らしい純愛青春をありがとう*
    そしてお疲れ様でした!

    受験期間の中こんなにも感情を動かす作品を書き上げた勇ちゃんを雨音こそ尊敬します*。・+


    最後に、この度は雨音の企画に参加してくださり、本当にありがとうございました。



    ▲ 雨音モナ

    雨音モナ   2013/12/14 08:32

  • °.+*DEAR ひい。ちゃん



    ひ、ひいちゃんだああああああああっ

    わわわわっ、とっても嬉しいです!!


    inありがとう!
    誰だろ?って気になってたら…

    ひいちゃんだったのねっ(*´꒳`*)



    ファンメール前に(゚Д゚≡゚Д゚)!

    本当にありがとうっ!(抱きつき)
    たぶん明日届くと思います*


    いやいやいやいや、
    1年経ってもまったく成長しない
    私の残念な文章力。

    楽しんでいただけたら
    嬉しいです(ぺこり)


    ひいちゃんの楽しみにしてるからね!
    私も読みにいきます─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

    書き込みありがとうございました!

    歩瀬ゆうな   2013/12/08 21:03

  • ゆうちゃん♪

    今日は8日だ! と先ほど本棚inしに参りました。しゅばっ
    えへへ、ファンメが来る前に思い出しました♡

    もうもう今から楽しみだよぉおおお!!!
    私のやつが書け次第、読みにくるね。
    それまでお楽しみにしときますっ……。くぅ、つら

    ではでは

    ひい。   2013/12/08 20:25