ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • 放課後

    自室のテレビに映ってるのは、大人気のイケメンアイドル。


    「カッコイイなぁーーー…」


    華麗に歌って踊る彼に見とれてると、外から怒りを含んだ声が飛んで来た。


    「お前、まーたそんなヤツに見とれてんのかよっ!」


    「……"また"はこっちのセリフなんだけど」


    隣の家に住む男友達は私と部屋同士の窓が向き合ってる為、よくこうやって窓越しに話しかけて来る。


    ちなみにヤツも現在芸能活動中だが、出すCDは全く売れないショボアイドル。


    「いいか見てろよ!オレは絶対売れて、皆の人気者になってみせるからな!!」


    言いたい事を言うと、さっさと窓を閉めて引っ込んでしまった。


    私は立ち上がり、ベッドの下からアイツが今まで出したCD全てが入った箱を取り出す。


    「私の気持ち全く知らないで…皆のものになる発言しないでよ……」


    複雑な心境の私の悩める呟きが、スゥ…と空気に溶け込んだ。

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 休日
    • 告白

    「忙しいのに、今日はありがとね」


    幼馴染みの湊(みなと)は
    高校の時、スカウトされて芸能界へ入った。

    今日は私の20歳の誕生日だからと
    予定を空けてくれたのだ。


    「なんだよ、今日は素直じゃん」

    「20歳になったんだもん
    子供だった私からは卒業したの!」


    昔から素直じゃなくて我儘だった私は
    同い年なのに、いつも子供扱いされていた


    湊は私の気持ちに気付いてないー。



    「あ、プレゼント渡してなかったな
    …ーはいっ、どっちか選んで」

    ポケットから出てきた両手には
    何かが握られてるようだった。

    「じゃ、こっち」

    そっと開いた手のひらに乗っかってたのは指輪ー


    「おっ、当たりじゃーん」

    驚く私の手を取り、薬指に指輪をはめた。

    「まっ、待って!
    じゃあ反対の手には何がー…」

    「もちろん、俺の。


    結婚しよっか」


    今までの"好き"が溢れてくるように
    涙が出たー。

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 屋上

    『俺、誰かといるの見られたらまずいし。ここしか無くない?バレずに会えるとこ。』

    彼にそう言われ呼び出されたのは屋上。
    互いに芸能コースに通ってるとはいえとってる科目が違く、同級生と言うよりは仲のいい仕事仲間!って感じの方が強い。

    『あのっ、』

    『あ、ごめんね、呼び出して。』

    『要件は??』

    『来週から稽古始まるでしょ?本読み付き合って。』

    そう渡されたのは誰もが知ってる有名な童話が元になった舞台の脚本。

    『いいけど、私でいいの?』

    『お前だから頼めるの。よろしくね?』

    2人の恋がこの秘密の練習から始まるのはもっと先の話。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

読めない本と透明な虫 (yu_ra/著)

ありがとうございます。ご訪問を歓迎します、心から。

  • かわせつきひとさん

    はじめまして。こちらまで足を運んでいただきありがとうございます。そして素敵なレビューまで。

    心を鷲掴み…。なんて嬉しい言葉でしょう。小説書いててよかった。そんな風に言っていただけて、私はもう。胸がいっぱいです。

    失恋は、つらいけれど。自分と世界に真摯でいれば、いつか先の道の端に咲く蒲公英のような。そんな記憶になるのではないかな、なればいいな、と私は思います。クサい理想論ですけれどね。

    yu_ra   2015/02/22 21:10

  • 沖田 円さん

    こんばんは、またもや素敵なレビューを。ありがとうございます。

    私の心にずきゅんと来る言葉ばかりで、何度も読み返しております。
    私の元を離れた作品が貴方様の手の中でまた新しい形を持ったような。我が子が旅立ってゆくのを見るような、そんな気さえ致します。なんと言ったらいいのかつまり、この作品は、貴方にこんなにも素敵なレビューをいただけるまでに成長したのだな。という。感慨深い、気持ちです。

    この作品を読んだ後に貴方様が見た景色が、きっと私の目指す場所です。嬉しいことはありますね。まだまだ頑張れそう。ありがとうございます。

    追記。
    Twitterで紹介してくださったそうで。重ねて御礼申し上げます。

    yu_ra   2015/02/22 20:45

  • 初めまして。Twitterで沖田円さんが紹介してたので、何気無く読ませて頂いたら心を鷲掴みにされました( ´∀`)
    素敵なお話をありがとうございました♪

    かわせつきひと   2015/02/21 08:18

  • 桐谷真綺さん

    こんばんは。丁寧なレビューをありがとうございます。
    私には勿体無い言葉のオンパレードで恐縮してしまうのですがとてもとても嬉しいです。

    変わらないものがあるとするならば、白紙のページを埋めるのはいつだって自分、ということですかね。その先に彼女は一体何を書くのか。続きは、結末は。
    さっぱりとした、だけれども余韻の残る「白紙」になっていれば嬉しいです。
    物語は、終わるとは限らない。

    桐谷さんに頂いたレビューで、きりっと背筋が伸びる思いです。光栄な言葉の数々に恥じぬようにこれからももそもそ書いてゆきたいと思います。

    yu_ra   2015/02/04 23:52

  • 小林洋右さん

    いやあ、お褒めに預かり恐縮です。そしてとても嬉しいです、ありがとうございます。
    白紙のアイデアは本作を書いていた途中にふと浮かんだものだったのですが、思い付いた瞬間「これだ」と思いまして。このエンディングが見えてから自分がノリノリで書けたところが一番大きかったです。

    恋は人にとって重要な位置を占めているものだと思います。それに「命短し恋せよ乙女」なんて言われたりもするくらいですからねー。特に若い女性は恋をしないと損だろうなと勝手に思っております。

    平たく言ってしまえばこの作品は少女が失恋から立ち直るだけのお話なので、当然焦点は「立ち直る」ところに当てられるわけですが、それにしてもちょっと展開が早かったかな…。もうちょっとうだうだ失恋に落ち込んでから「透明」に出会った方が、その本に出会った感動が際立ったかもしれないですね。丁寧且つじっくりとした描写を心掛けたいものです。

    ではでは。嬉しい感想をありがとうございます。

    yu_ra   2014/02/18 22:52